雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ツーリングワゴン-トヨタやスバルなどの性能はどうなの?

投稿日:2015年4月9日 更新日:

レガシィは、雨の日にはがキャビンに入り込んでくることがあるといいます。開けた状態ではガラスの端が見にくく、視力の弱い高齢者には危険があります。狭い駐車場での乗り降り時にドアを隣のクルマにぶつけやすくなります。ある専門家が、サッシュレスドアのプラス点がどこにあるのか富士重工のエンジニアに何度も聞いたようですが、納得のできる答えが返ってきたことはありません、とのこと。

枠のあるドアに比べて剛性が劣るためドアを厚くする必要があります。今や、富士重工がサッシュレスドアを使い続けるのは自動車業界の七不思議で、そろそろやめるべきだと思います。そのことでクルマ造り自体が非常に楽になるはずです。長所があるなら、他のメーカーで採用してもおかしくありませんが、今は世界でも非常に少なくなりました。メリットがほとんどないことに気づいたからだそうです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

広く使いやすい荷室が欲しいなら

広く使いやすい荷室が欲しいなら本来のワゴンのほうがいい。これではレガシィを追い落とすことは不可能でしょう。ワゴンでなぜ速く走る必要があるのかという素朴な疑問に答えていません。速く走りたいならセダン、あるいはスポーテイーなクルマのほうが優位です。イタリアのアルファロメオに156スポーツワゴンというモデルがあります。空力を考えると砲弾のような形、クルマでいうとワゴンの形状が有利なため、あえてセダンではなくワゴンにしたクルマです。

このクルマはワゴンでありながらスポーツ性重視に振ったモデルです。走りもセダンを上回るものではありません。しかし荷室は狭く、中途半端なモデルです。トヨタは、カルディナに高出力モデルを投入するなどしましたが、これは方向が少しずれていたように思います。しかし、トヨタにも出来のいいワゴンがあります。カローラフィールダーです。こちらはワゴンのあるべき姿を追求したワゴンで、このクルマが1台あれば大半の日本人の生活は間に合うと思うくらい利便性の高いモデルです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車フェアってどうなの?本当に安いとは限らない事実

○○フェア、○○セールなどのチラシが配布されてくる。このようなフェアは春先だけでなく、夏や冬のポーナスシーズンにも活発に開催されてる。そんなチラシをふと見てみれば、思わず、安いと思うような激安車が掲載 …

no image

世界の外国車メーカーはそれぞれに個性的

強い個性を持つものは、それが肌に合えばいいが、そうでない場合、早々に嫌気がさしてしまう。クルマ選びに当たっても、見栄や、人気車だから、といった一元的な価値観ではなく、これらの個性に共感できるものを選ぶ …

no image

後部座席のチェックを購入前にしておきたい大きな理由

あとで気分の悪い思いをしないためにも、購入前にしっかり後部シートをチェックしておこう。セダンやクーべなどの車を買うとき、見落としがちなのが後部シート。明るい場所で見れば、小さな穴もすぐに発見できる。タ …

no image

新型パサートのプレミアムショーケースを開催

「ガソリンモデルは、現代·起亜自動車とディーゼルモデルはBMW、ベンツと本格競争する」。フォルクスワーゲンコリアは、ソウルグランドハイアットホテルで今月末に発売を控えた新型パサートのプレミアムショーケ …

no image

車の諸経費を知っておく-店頭表示価格では買えない

クルマは不思議な売り物で、展示されるのは車両本体だけの価格。80万円と表示された車を買ったのに、結局払ったのは103万円以上。表示されるだけでは買えない。諸経費が最初にわからないから、すっかり予算オー …