雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ツーリングの宿泊を旅館とキャンプ場の両方をうまく利用する

投稿日:

ツーリング中の宿泊を、旅館や民宿にすると、シュラフやテントを持たずにすむ。もっともこれだと、気が向いたところにふらっと立ち寄って、のんびりそこで夜を過ごすことは不可能だ。しかし、旅館とキャンプ場を両方うまく利用すれば、フレキシブルな旅が楽しめる。子ども達はキャンプが大好きだ。その土地にまつわる思い出も、アウトドアでこそいつまでも心に残る。

テントで過ごす夜、テントで迎える朝、それは四方を壁で囲まれたインドアでは体験できないこと。我が家で自転車とトレーラーをそろえたときの乗りはじめは、山頂の未舗装路、とある家族。山頂といっても標高差をほとんど感じない、ゆるやかな道路だった。子連れサイクリングは私達にとって、まったく新しい領域だった。荷物なんて、おむつの替えと水筒ぐらいしか積んでなかったのに、子ども達が乗ったトレーラーを引っばるのは骨が折れ、ちょっとでも起伏があると泣きたくなった。何がなんでも坂はダメー・それが教訓なった。

自然に還りつつあるサイクリングロード

もともとは舗装されていたのが長い間放置され、自然に還りつつあるサイクリングロード。アスファルトがやせて砂に浸食されているところを走ろうとすると、牽引している子どもが急に重くなったように感じる。チャイルドシートに乗せれば、自転車の車輪が砂に沈むし、トレーラーに乗せたら乗せたで、まるで囚人が引きずる鉛のおもりのようだ。結局、そのときはギブアップし、自転車を置て歩くことになった。

短距離のデイトリップを数回やって、いきなり総距離300キの運河ツーリングを計画。平坦で滑らかな道路だったので初心者でもなんとかなった。キッズにも楽に距離をこなせるトレイルだったら、満足感もたっぶり味わえる。近くの街に足を伸ばして、おやつタイムを過ごすのも一案だ。街の公園で誰かが荷物や赤ちゃんのおもりをし、ほかのメンバーがアイスクリームをひとっ走り買いに行くこともできるのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

自然での遊びでは細かなアイテムでも遊べる

自然は楽しいモノ、興味をそそるモノであふれている。けれど、それだけでは足りないこともある。プラスチックの立体パズルも楽しい。クレヨン、色鉛筆、紙、シール、ハサミがあれば図画工作も可能だ。アセテートのよ …

no image

自然体験活動の子供への効果-1~3歳の時期に連れて行こう

1~3歳のこの時期は、自然の素晴しさをともに体験する絶好の年齢だ。心身ともに毎日急成長しているから、何を見ても喜び、興味を持つ。とはいえ、その手間、ちょっと覚悟が必要だ。長距離を歩くには小さすぎ、親が …

no image

登山用小物で必需品となるもの

・小物類(必需品) 地図(マップケース)、コンパス、へッドランプ、水筒、救急用品などがあります。救急用品は必要最小限ということで、ケガなどの応急処置に使用する消毒液、テーピングテープ、さらに鎮痛剤、解 …

no image

山で出会う様々な昆虫たち

標高の低いところにはアオスジアゲハやカラスアゲハ、キタテハなどが棲んでいる。高くなるにつれてコヒオドシ、クジャクチョウ、オオムラサキ、キベリタテハといった種類が現われる。さらに標高が上がると、ベニヒカ …

no image

ザックの選び方-日帰りなどに使うお買い得商品は?

体の形や大きさは人それぞれだ。脚ばかりひょろっと長い子もいる。購入時の目安は胴の長さ、つまり肩から腰までの長さだ。身長が違っても胴の長さが同じなら、同じザックが合うはずだ。ザックには、さまざまな調節機 …