雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山用ストックの使い方

投稿日:

・ストックは他人に、自分に、自然に優しく使うべし

山の中でのストックの使い方ですが、ストックは上下運動させるような使い方を基本とします。登りでは後ろの人が、目の前にストックの石突きが飛んで来るのでびっくりするし、下りでは前の人が、顔の横に石突きが飛んで来るのでびっくりします。それなのに前に跳ね上げ、後ろに跳ね上げして使っている人が少なくありません。他人への配慮がありません。ストックを持っているだけだと、手の自由を殺していますから、滑りそうになったとき、木の根を素早くつかめませんし、ストックは使えるようにしてないわけですから、危険度が増すばかりです。

ストックは自然にも優しく使いましょう。剥きだしの石突きが、登山道を傷つけます。そんなことにならないように、石突きにプロテクターをして使って下さい。ストラップに手が通っていると、転んだときストックが体から離れず、足にからまったりしてトラブルの原因を作ります。道を歩いているときも、ストラップに手を通さずグリップを握ること。

岩場の下でストックを縮め、ザックと背中の間に差し込むように納めてやると、両手が自由になるので、無理のない行動ができます。ストックを使っていて、高難度の場所に差し掛かると、岩角を握るためにストックを手首にぶら下げる人がいます。休憩のとき、降ろしたり背負ったりする際は、前後左右に注意します。岩場を抜けて難易度1級の道に戻ったら、ストックを引き抜けばいいのです。これが自分に優しい使い方です。

ストックの柄がほっぺたにパンチを食らわす

ある登山者が、バス停になっている広場で整理体操を始めました。Bさんがザックに手を掛け、ひょいとはずみをつけて背中に回したとき、Cさんが腰を落として自分のザックに手を伸ばしました。なんと間の悪いことか、Bさんのザックから飛びだしていたストックの柄が、Cさんのほっぺたにパンチを食らわしてしまったのです。

怪我するほどではなかったのですが、Cさんのほっべた、かなり痛そうでした。ごめんなさい!痛かったでしょ、大丈夫?と、Bさん。大丈夫よ、ご心配なくと言葉を返します。同じ山仲間ですから、Cさんも怒ることはできません。こんな危険があるので、気をつけなければいけません。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

マウンテンキャンプに子供を連れて行ったときの危険対策

山で子供が遊ぶ場合に、注意したいこと。小さな子達には目立つ色の服を着せ、万一フラフラ歩き回り始めてもひと目で居場所がわかるようにしたい。地図をヒント代わりにし、コンパスを利用して宝物を探し当てる。キャ …

no image

初めてのキャンプを家族で体験しよう

初めてのキャンプをまず体験しよう、目的はそれからでいい。出かける前に家族全員で充分に話し合おう。キャンプについて充分に話し合うと言っても、特別なものはいっさいなし。全員が「キャンプに行くんだ」という、 …

no image

ザックの選び方-日帰りなどに使うお買い得商品は?

体の形や大きさは人それぞれだ。脚ばかりひょろっと長い子もいる。購入時の目安は胴の長さ、つまり肩から腰までの長さだ。身長が違っても胴の長さが同じなら、同じザックが合うはずだ。ザックには、さまざまな調節機 …

no image

山のぼりで目印のイタズラによる遭難

芦屋市や神戸市の「高座の滝」や「荒地山」(標高五四九m)、「ロックガーデン」などは、都会の近くでありながら本格的な山の雰囲気が味わえることから、山歩きコースとして人気が高い。しかし、四月だけでも二人か …

no image

赤ちゃんを背負う登山-彼らが楽しくハイキングできなければ

赤ちゃんを背負って、幼児を引き連れてののハイキングでは、石づたいに川を渡るときや、木の枝をかわすときなど、十分気をつけて。末っ子の能力に合わせて、ペース、行程、休憩や、山行内容そのものを見直す。赤ちゃ …