雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山用レインウェアはツーリングの際におすすめ

投稿日:

自転車用トレーラーでツーリングをする際、普通の登山用レインギアが十分役に立つ。ポンチョはスソがパタパタし、チェーンやスポークにからまるのでダメ。すぐにあがりそうな雨なら、自転車用トレーラーを閉めきれば、雨具を着せる必要はないかもしれない。完全防水ではないトレーラーもあるから、雨風の強さを見て決める。前線の通過後は気温が落ちるので、防寒保温は確実に。自転車に乗っていられないほど雨が激しくなれば、おとなしく雨やどりするほうが賢明だ。

パンツの足首もしっかりしぼっておかないと、チェーンの邪魔になる。こんなときはマジックテープっきストラップを使おう。幅広の輪ゴムでもいいが、キツイと血が止まってしまう。野球帽やバイザーなど、つばのついた帽子をフードの下に被って、雨が顔にかかるのを防ごう。フードがバサッと額に落ちてこないのも助かる。ほんの数分の時雨でも、未舗装路はぬかるんでしまう。そして子どもの全身が泥をかぶることに。フェンダーをつけておけば安心だ。大きめの傘が1本あれば、こんなときとても重宝する。

一度濡れたらなかなか乾かない

子ども達もトレーラーを出て、パパやママと一緒にいることができるのだから。ウェアジーンズや木綿のパンツはお薦めできない。柔軟性がないし、縫い目がゴロついて肌に擦れる。おまけに、一度濡れたらなかなか乾かない。トレーラーを閉めて走るとか、子どもをチャイルドシートに移すなど、状況に応じて工夫しよう。気温が下がれば湿った綿シャツを脱いで、薄手のポリプロ地アンダーウェアを中に着よう。丈が長めのものなら、腰のあたりまで暖かい。

自分の自転車でがんばる子にも、サイクリング・ウェアの基本アイテムはそろえてあげる。寒さや湿気にはロングタイツ、夏にはスパンデックスのショーツをはこう。ナイロンやスパンデックスのジャージは、涼しくてべとつかないのがいいが、わざわざ購入するには及ばない。綿だと、汗で濡れたシャッが冷えたとき、じっとりと冷たくてとても不倫快だ。旅の成功は、パフォーマンス次第だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

カヌー遊びでは子どもは安全装備をつけていることは絶対条件

カヌー遊びでは子どもは安全装備をつけていることは絶対条件。 カヌーで遊ぶ親であるあなたが、カヌーの基本をしっかりマスターしていること。子どもは安全装備をつけていること。それがカヌー遊びの条件だ。カヌー …

no image

テントの主流は何か?病気などしないように常に乾燥させる

アウトドア用品は、絶対に衝動買いしてはいけない。長く使え、壊れにくく、コストパフォーマンスのよいものをじっくり選びたい。これは安い!ということで、衝動的に安物を購入するのは、危険な場合もある。ショップ …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

トレイル-山登りガレ場で体力を消耗しないための足運び

ある家族の話。ハリス家のみんなとハイキングしたときのこと。上からトレイルに沿って流れてくる瀬があり、それを見つけた子ども達はすっかりはりきってその瀬づたいに登っていった。その早いこと、元気なこと。頂上 …

no image

色々な動物の爪の種類

急な渓流に棲息するサンショウウオ類では、幼生時代に爪があって、それで岩などに体を固定するものが多い。アフリカツメガエルのように、後足の指先だけにある爪で泥底をかき回し、いて飛び出す水生小動物を捕食する …