雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

最近の登山者の歩き方は変だとかヘタだといわれている

投稿日:

最近の登山者は歩き方が下手になったと言います。その原因は何かと言いますと、交通手段が発達し歩く機会が減ったこと、林道が立派に整備されすぎて平地とあまり変わらなくなったことなどに関係があるようです。まず平地、特に舗装道路を歩くことを考えてみましょう。平地でもそうですが、基本は重心移動です。人間の場合、重心はお膳の奥にあります。腰にあるという人もいます。無駄な力を使わずに歩くにはどうしたらよいのでしょう。本当の山道に入ると慣れていなくて上手に歩けない、しかも余計なところに力が入り疲れやすくなり、ひいては転倒事故の原因になるのです。

山の中でも平らなところは同じですが、坂道、登り道になると違ってきます。坂道を登る時は、靴底は最初からフラットに置きます。この時姿勢は後足の靴底から踵の奥、頭へと真っ直ぐに垂直に伸びます。前足をフラットに置いた瞬間は重心はまだ後足にあります。何気ない動作なので気がつきにくいですが、足が着地した時点で重心は前足と後ろ足の中間になり、前足が地面にフラットになった瞬間、重心は前足にのります。この繰り返しになります。

必要以上の荷物は持たないこと

重心を前足に乗せながら姿勢はやはり踵の奥、頭へと真っ直ぐに伸びます。これが基本です。この繰り返しで移動していきます。腰の後ろの位置から両足の間に紐を垂らして歩いてみると、その人の重心の動きがよくわかります。左右に極端に揺れる人は重心が右に左に動いていることを示します。疲れやすくバランスも崩しやすくなります。荷物が重すぎたりすると恐らくこんなわけには行かないでしょう。こうした意味で、必要以上の荷物は持たないことです。

木の根っこに足を引っ掛けたりしてケガの元になります。雪道を歩いていると、このことがよくわかります。雪道といっても通常は人の歩いた跡があり、その跡に沿っていけば何も問題ないのですが、バテたりしていると足もバラバラの着地になり、人の歩いた跡ではなく脇の方の踏まれていないところに足が入ってしまい抜けなくなったりし、さらに疲労を加速します。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリ …

no image

山の知識、教養-子ども達にしっかりと教えてあげよう

枝や茂みの突き出たところを通るとき、押さえておく。火の起こしかた、水の探しかた、避難場所の探しかた。山でのいろはを教えるのに、早すぎるということはない。子ども達だけで、あまり先に行かせないこと。視界か …

no image

雲や天気のことわざ色々

雲に関して、人々はよく観察してきた。以下に記したことわざは、あくまでもことわざであることを承知の上で、山登りなどの参考にして頂きたい。 「鐘の音がよく聞こえるのは雨の前触れ」愛媛県。 「池のコイがパク …

no image

カヌーで赤ちゃんを乗せるのは難しい

カヌーで赤ちゃんを乗せるのは難しい。 カヌーにはカヌーなりの不便もあって、小さな子どもにはイライラしてしまうこともある。そういうわけで、ルイストン家のカヌーは5時間以内のデイトリップどまりで、子ども達 …

no image

登山時にメモ帳に時間などを書いていくようにする

・メモする習慣を付けるべし 体力を計る物差しは、山に登ること。たわいもない坂道で息を切らせて、自分の体力の無さに標然とする人もいるでしょうし、胸突き八丁の急坂をスイスイ登って行ける自分に、自身のことな …