雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

最近の登山者の歩き方は変だとかヘタだといわれている

投稿日:

最近の登山者は歩き方が下手になったと言います。その原因は何かと言いますと、交通手段が発達し歩く機会が減ったこと、林道が立派に整備されすぎて平地とあまり変わらなくなったことなどに関係があるようです。まず平地、特に舗装道路を歩くことを考えてみましょう。平地でもそうですが、基本は重心移動です。人間の場合、重心はお膳の奥にあります。腰にあるという人もいます。無駄な力を使わずに歩くにはどうしたらよいのでしょう。本当の山道に入ると慣れていなくて上手に歩けない、しかも余計なところに力が入り疲れやすくなり、ひいては転倒事故の原因になるのです。

山の中でも平らなところは同じですが、坂道、登り道になると違ってきます。坂道を登る時は、靴底は最初からフラットに置きます。この時姿勢は後足の靴底から踵の奥、頭へと真っ直ぐに垂直に伸びます。前足をフラットに置いた瞬間は重心はまだ後足にあります。何気ない動作なので気がつきにくいですが、足が着地した時点で重心は前足と後ろ足の中間になり、前足が地面にフラットになった瞬間、重心は前足にのります。この繰り返しになります。

必要以上の荷物は持たないこと

重心を前足に乗せながら姿勢はやはり踵の奥、頭へと真っ直ぐに伸びます。これが基本です。この繰り返しで移動していきます。腰の後ろの位置から両足の間に紐を垂らして歩いてみると、その人の重心の動きがよくわかります。左右に極端に揺れる人は重心が右に左に動いていることを示します。疲れやすくバランスも崩しやすくなります。荷物が重すぎたりすると恐らくこんなわけには行かないでしょう。こうした意味で、必要以上の荷物は持たないことです。

木の根っこに足を引っ掛けたりしてケガの元になります。雪道を歩いていると、このことがよくわかります。雪道といっても通常は人の歩いた跡があり、その跡に沿っていけば何も問題ないのですが、バテたりしていると足もバラバラの着地になり、人の歩いた跡ではなく脇の方の踏まれていないところに足が入ってしまい抜けなくなったりし、さらに疲労を加速します。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

林での風景写真の撮り方のポイント

スナップ写真は、やや望遠にして撮ると背景が迫ってくる感じで、良い写真になる。重要なのが光の方向。林の中では人の顔に木の枝の影が当たらないように、写される人の立ち位置を調節する。そのときの顔の向きも大切 …

no image

気象用語の前線や高気圧などを覚えておこう

風は風速が1メートル増す毎に、体感温度が1度下がります。曇天で冷たい風が吹く中、登山をスタートすると、高度が上がるに比例して風速は強くなって行くことを知っておくべきでしょう。携行する防寒着にも限りがあ …

no image

山の気温の変化や天候などの変化

山登りをしながら、景色を眺めて裏快な気持ちを味わうのはよい。だが、山の気温や吹く風、雲の変化などは、天気が変わる原因である上空の寒気や暖気などの状態を絶えず示してくれている。だから、それを素直に「読む …

no image

春と秋は気温に注意してください-山は寒くなっています

一〇〇メートルで〇・六度気温が下がりますから麓まで紅葉した時には頂上付近は枯れているということも多いです。都会でまだ上着を着ていなくても、高山では初雪や初電想の季節になっているのです。紅葉が美しいとい …

no image

アウトドアで子供が勉強できることはたくさんある

アウトドアでは、子供に教えられることは本当にたくさんある。キャンプファイヤーを利用して正しい火の扱いかたを教え、気をゆるめたら山や森がどうなるのか話し合った。松ぼっくりの種はいかに発芽し親木の陰で幼木 …