雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山の際にウォーミングアップとクーリングダウンを忘れない

投稿日:

・ウォーミングアップとクーリングダウンを忘れない

登山口に到着したら、まずはウォーミングアップしましょう。ただ歩くだけといっても、山登りは存外ハードな運動です。最寄り駅な登山口のバス停に到着すると、トイレに駆け込む人はいても、準備体操をする人、地図と磁石を取りだして、現在地を確認、コースの検討をしている人は少ないですね。登山口に到着すると、準備体操もせず、いきなり歩き始める人がいます。危機管理ができていない人、と言わざるを得ません。

足腰の筋肉をほぐしておかないと、あとあと辛い思いをすることになります。筋肉もさることながら、これから山に登るんだ、という心の準備も大切です。ウォーミングアップには、筋肉を柔らかくするだけでなく、心の到着を待つ時間稼ぎの意味もあるのです。ウォーミングアップをしてから、地図を広げて現在地の確認とコースの検討を済ませる。これで出発はオーケーです。心の準備がないと、山が送ってくるメッセージを見逃してしまいます。登山口までは電車やバスであっと言う間に運ばれます。肉体は登山口に到着しても、心はそのスピードに付いてこられていないと思います。

クーリングダウンはもっと大切

ある登山家が昭和山岳会に入会した1963年、初めて革の登山靴を入手しました。高校時代は布製でゴム底の軽登山靴であるキャラバンシューズで山に登っていた登山家は、本格的な登山の修業を始めるに際して、革の登山靴をオーダーメイドしたのです。会の先輩に登山用具専門店を経営している人がいて、登山靴もご本人が作っていました。小田急線渋沢駅で降り、改札口を出る。出来上がった靴の試し履きに神奈川から静岡・山梨にまたがる丹沢山地に出かけました。そこまではスムーズに来たのです。

前に出て、準備体操もせず、さあ出発と一歩踏みだそうとしたとき、危うくつんのめって転びそうになりました。足が出なかったのです。心と体のウォーミングアップは大切ですが、クーリングダウンはもっと大切です。下山してメンバーが集まったら、まずクーリングダウン、太ももやふくらはぎの筋をストレッチしておきます。リーダーが、お家に帰ったら、お風呂に入って疲れをとって下さいなんて挨拶するものですが、家に帰ってからでは遅過ぎます。運動が終わって体をほったらかしておくと、筋肉は収縮して硬くなってしまいます。車内でストレッチをやっておくと、翌日の筋肉痛が、かなり軽減されます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

子供とのキャンプでは熊対策など気をつけることはたくさんある

野生動物について、子どもを怯えさせるのはよくないが、無知のまま放っておくのも問題だ。野生動物とは一定の距離をおき、彼らの生活圏に土足で踏み込むようなマネはしないように指導しよう。親が手本を示さないこと …

no image

登山の行動計画の立て方

・行動計画の立て方 登山計画は初期段階から経験のあるリーダーの下で計画計画を立てるための要素として、目的=気の合った同士で気ままに行きたいか、レべルアップを日指すか。山域=〇〇〇~一〇〇〇メートル程度 …

no image

ランニング登山をシリアスに走っているとアメリカ人は言う

山登りの文化に関連して面白い話があります。ある登山家が山岳耐久レースというのを東京都の山岳連盟が主催して毎年奥多摩の山中で行っています。アメリカから選手を招待したりもしています。アメリカの選手が走った …

no image

アウトドア-子供の遊びは時間はずいぶんかかる

年長の子ども5~8歳という年齢は、一生懸命背伸びして大人と同じようにやろうとする年ごろだ。何でもやってみたいし、1人でできるか試してみたい。自分も立派な家族の一員と認められ、発言力があることを確信した …