雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山初心者は泊まりで行くのは避けたほうがいい

投稿日:

勝原スキー場から歩き始めましたが、スキー場の登りが意外にきつく樹林帯に入った時にはホッとしました。白い花、ピンクの花、微妙に混じった花が林の下に群がって咲いていました。そしてそこに見たのが一面に咲くイワウチワでした、とある登山家。頂上には無線中継所や反射板などの無粋な建造物がありましたが、最近取り払われたそうです。頂上に続く尾根は豊富な残雪に覆われ、その方が歩きやすいようですがトレース通りに登った方が安心です。自山の西には加越国境の山が連なり、南には能郷白山など奥美濃の山々が連なっています。一等三角点が置かれているだけに展望は素晴らしいのですが、間近に白山が大きくせり出しているので少し損をしています。

やはり百名山に選ばれた山はそれだけのものがあると感じながら山頂での昼寝を楽しみました。(五月五日歩く)登山は日帰り登山から始めるのがよいでしょう。初めて山に行く時には本を読んだり経験者の話を聞いて荷物を用意するわけですが、何のために持っていくかよくわからない初心者のザックは、日帰りと思えない程荷物が多いか、何がはいっているのかと思う程少ないかのどちらかになりがちです。

山における自分の状況を把握できない初心者

いきなり泊りの登山は荷物も重く、山における自分の状況を把握できない初心者は避けた方がよいでしょう。初心者向けのコースでは道がなくなるような所はないはずですので、はっきりした道まで戻ってから探しましょう。みつからない時は来た道を引き返すようにしましょう。戻る時に正しい道を見つけることもよくあります。見方が変わるからだと思います。

ザックの中の一種の神器、雨具・水筒・へッドランプは忘れないようにしてください。必要な物を持ち、不要な物を持たないようにすればよいのですが、登山では季節や対象によって必要な物が変わります。雨具がないのに雨が降ってきた、へッドランプを持っていないのに暗くなってきた。こういう状況では精神的にとてもあせります。ツアー登山のバスの中では今日は天気がよいから雨具を置いて行こう昼すぎには下山できるのでへッドランプはいらないねという会話が聞かれますが、これが大きな事故につながった例がたくさんあります。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

アウトドア-子供の遊びは時間はずいぶんかかる

年長の子ども5~8歳という年齢は、一生懸命背伸びして大人と同じようにやろうとする年ごろだ。何でもやってみたいし、1人でできるか試してみたい。自分も立派な家族の一員と認められ、発言力があることを確信した …

no image

ツーリングの宿泊を旅館とキャンプ場の両方をうまく利用する

ツーリング中の宿泊を、旅館や民宿にすると、シュラフやテントを持たずにすむ。もっともこれだと、気が向いたところにふらっと立ち寄って、のんびりそこで夜を過ごすことは不可能だ。しかし、旅館とキャンプ場を両方 …

no image

巻雲などの雲のいろいろ

気象観測では、雲をその形によって一〇の「類」に区分している。学名は層雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、層雲、積雲、積乱雲である。この一〇種類は高さによって三つに大別される。日帰りに限らず登山において …

no image

地図や方位磁石の見方に慣れておこう

基本的な予定は立てておくが、そこに着いてみて、不都合な点があったら、どんどん変更すべき。これを繰り返すと、地図を見て、「少し先に行ったほうがよさそうな開けた場所がある」といった判断もすぐにできるように …

no image

登山計画書が提出されていないと捜索が難航になってしまう

山で事故が起きる度に、登山計画書が提出されていないので捜索が難航などと報じられるので、登山計画書は捜索するためのものと思っている人がいるようです。登山計画書には確かにそういう事故後の対応の目的もありま …