雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山でストック二本を正しく使用している人は少ない

投稿日:

残念ながら二本ストックを正しく使用している人は少ないようです。上手に使えば膝への負担をやわらげる効果も期待できるのですが、すでに膝等を痛め使用しなければならない人を除き、まず正しい歩行技術を学ぶべきです。長さの調節が不十分で長すぎたり短すぎたり、ぶらさがるようにあるいはぶらさげて歩いている人の何と多いことか。また、ストックによる人身事故も起きています。

たくさんの人がストックを用いることによる自然破壊も報告されており、ストックの利用はメリットのみが少し過大評価されているように思われ、非常に悩ましい話です。岩場でストックを用いていたためと思われる死亡事故も発生しています。ストックに体重をあずけている時に石突きが岩からはずれたり、ストックが壊れたことによる事故です。

遠足の水筒

一日目は美ヶ原に登りカマボコ型の山本小屋に泊り、三日目に霧ヶ峰に抜けるというコースで、毎日好天に恵まれ、北アルプスが見渡せ高山植物が咲き、美しの塔のあたりもまだ放牧場のような雰囲気にあふれており、初心な高校生にとってはとても楽しい山行でした。ところが、このコースには水場がほとんどないのです。当時の写真を見ると学帽をかぶり、学生ズボン、遠足のリュックに水筒という出で立ちでした。初日は開通したばかりの名神高速バスに乗り、名古屋で急行に乗りかえ、松本からバスで美鈴湖に向かい国民宿舎に泊りました。

初登山美ヶ原から霧ヶ峰縦走の思い出(水と水筒の注意)裏山へのハイキングは別として、私の初登山は美鈴湖から美ヶ原を経て霧ヶ峰への縦走でした。まだ、ビーチスラインができていない時で、高校一年生だけの、それも登山経験のほとんどないパーティーでした。遠足の水筒はあっという間に空になりました。ゃっと辿り着いた鷲ヶ峰でも、水はポタポタで、別をなしています。やむを得すヒュッテでとても高価なインスタントラーメンを食べ、水をもらって飲みました。その時の水のおいしかったこと、とある登山家。最近の登山医学シンポジウムなどでの発表によればこういう条件では行動中に最低二リットルの水が必要なようです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ボードクライミングや積雪期登山など

・ボード(人ロ壁)クライミング ボードクライミングの愛好者も年齢を問わず増えています。世界選手権なども行われ、国体の岩登り競技にも採用されています。これは岩登りのひとつになりますが、自然の岩場ではなく …

no image

キャンプで風呂には入れない場合-自作で工夫して体を洗おう

山の中では、お風呂はとうてい望めない。お風呂付のクルマでもあれば別だが、普通そんなクルマを持っている人は少ない。子供を洗う場合、代わりにスポンジ・バス(スポンジにお湯を含ませて体を拭く)か部分洗いに挑 …

no image

山でのルール、モラルをしっかりと子供に教えよう

子供と山にハイキングに行く場合、山でのモラルを子供に忘れず教えよう。そして、山では一日一善は励行したい。また、山でストーブを使うことになった場合には、ストーブの使いかたをしっかり子供にも身につけさせる …

no image

自然の美しさその魔法の力。これらを失ってほしくない

人は自然から多くのことを学ぶ。詰め込みすぎてボンヤリしている大人の脳とは違い、子どもはまるでスポンジのように、吸収のチャンスを待っている。だからこそ、子ども達と行きたいのだ。ウォルト・ホイットマンは言 …

no image

山で道に迷ったら

沢に入っているときなどは、電波が反射するので、ほんの数メートル移動しただけで、電波が入ったり途切れたりする。むやみに電話をかけ続ければ、寒冷な場所では特にバッテリーの残量が少なくなってしまう。したがっ …