雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山生活の技術を磨いている人は意外に多くない

投稿日:

泊りがけの登山をしますと、実は歩いている時間よりも食事を作ったり、食べたり、休憩したり、睡眠している時間の方が長い。いよいよ山の魅力に取り付かれた方は、どうしても次のステップを目指したくなると思います。そのためにまず必要なのは、岩登り技術でもなければ雪上技術でもありません。それは生活技術です。登山の生活技術を一言で言うと、日常性からの脱却と言えるかもしれません。

日常を持ち込めば持ち込むほど、重量は重くなりますし、時間がかかります。生活技術のノウハウは、各クラブがそれぞれに持ち伝統として引き継いでいます。おいしく食事をし、十分睡眠がとれなければ登山どころではないです。山でも別にパジャマに着替えて寝たって構いませんし、毎日服を着替えてもよいですし、お皿や鍋を毎回きれいに洗っても構わないし、豪華なごちそうを食べ、お化粧に時間をかけても構わないのですが、それらは結果的に登山行動を非常に束縛します。

そこで快適さを犠牲にして妥協点を探るわけです。生活技術はどの本でもほんのわずかしか触れていません。したがって登山技術は素晴らしいが、テントの中でコンロをひっくり返して火傷をするような登山者ができあがるようなことも起こるわけです。

登山経験一〇年

中高年は年齢的な問題もあり、一〇年経つと確実に体力は低下します。それを上回る登山者としての成長があって初めて登山経験一〇年と言えるのではないでしょうか?そういう基準で考えれば現在の中高年の登山者で登山経験一〇年の人は多くないと言えると思います。登山の総合力は年数だけでは不足で日数も必要であり、さらに主体性と問題意識が必要ということになります。

年に一〇〇日の登山を一年した人と、年に一〇日の登山を五年した人ではどうでしょうか?同じように主体的に取組み、目的意識を持ったとすれば要素技術は前者の方が上達しているかもしれませんが、経験という意味では後者の方がすぐれているでしょう。登山経験一〇年というからには四季を通じて主体的に取組み、目的意識を持った登山をした人のことを言いたいものです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

スターウォッチング入門ツアーに-双眼鏡を持って出かけよう

スターウォッチングしよう。天体観測はあなたに大きな感動をあたえるだろう。あなたも二二〇万光年かなたの大銀河、アンドロメダ大星雲を肉眼で見ることができる。双眼鏡や天体望遠鏡がなくてもかまわない。 持って …

no image

阿武隈の山々-眺めがよい富士を取り巻く面白い対象

阿武隈の山々は雪道ハイキングといった趣ですが、富士山の眺めがよい富士を取り巻く山々も冬のハイキングとして面白い対象です。陣場山だけでもよいですが笹尾根を南下したり高尾山から縦走したりいろいろなコースが …

no image

ランニング登山をシリアスに走っているとアメリカ人は言う

山登りの文化に関連して面白い話があります。ある登山家が山岳耐久レースというのを東京都の山岳連盟が主催して毎年奥多摩の山中で行っています。アメリカから選手を招待したりもしています。アメリカの選手が走った …

no image

長時間体が濡れることが最も危ない

山では、どんな意味でも長時間濡れることが最も危ない。雨やみぞれで濡れるだけでなく、自分の汗で濡れるのも危険なのである。体が濡れると、たとえ自分は猛烈に暑く感じていても、体温は着実に下がっている。登山に …

no image

ガイドブックをよく読んでその案内に従ってプランを作り上げる

・ガイドブックをよく読むべし たいていの人が、ガイドブックをパラパラとめくって、花がきれいだの、展望がいいだのという惹句に後押しされて、登るべき山を決めると、それで安心して本を閉じてしまう。ガイドブッ …