雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山ではルートファインディングを学ぶこと

投稿日:

登山技術をいくら学んでも学べないものがあります。それはルートファインディングです。ステップアップし道のない山に向かうにはこの技術は避けて通れません。よいクラブに入会することは上達の早道と言えますので、ぜひ山岳会に入ることをお勧めします。

そして基本的な登山技術を学んだ上で、初めて沢登りや残雪期の山、簡単な岩稜によきリーダーと向かいましょう。山岳会のパーティーで若手やサブリーダーがトップを歩くのは、このルートファインディングを練習しているのです。そういうパーティーで安心できるリーダーがいる時は実力以上のルートに向かえますが、いない時は自分の実力で十分対処できる対象を選び徐々にステップアップするしかありません。

遭難者総数八一四人でした

一九九三(平成五)年が発生件数六六九件、遭難者総数八一四人でしたので二倍以上に増加しています。死者・行方不明者は一四一人中一九人と九〇%以上を占めています。二〇〇三(平成一四)年の山岳遭難は発生件数一三四八件、遭難者総数一六三一人と過去最悪となりました(警察庁生活安全局地域課調べ)。そのうち中高年(四〇歳以上)の事故は遭難者総数で一三人と七五%を占めています。山岳遭難事故の三大要因は道迷い、滑落・転落、転倒です。遭難者数については中高年者の登山者に占めています。

中高年の事故発生率が特別高いわけではありませんが、事故が起きた時に重大事故につながりやすいと言うことができます。中高年の事故はこれらが登山道の上で発生していることが特徴です。この三大要因が一七八人で全体の七一%を占めます。病気が一六五人で一〇%です。最近の中高年の事故は、ほとんど一般登山道の上で発生していることからもわかるように非常に初歩的な原因によるものが増えています。従来の事故は岩登りや冬山登山などアルパインクライミング中に発生することが多く、道のない場所での事故が多くを占めていました。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ハタネズミなどの平地の河原や畑の周辺にかけて棲息する生き物

亜高山帯以上ならニイガタヤチネズミが挙げられる。食虫類では平地から低山にかけて多いのが、ヒミズ(モグラの一種。日本特産)とアズマモグラ、コウべモグラなどである。これらは低山の動物といってよいであろう。 …

no image

山スキーで必死にラッセルした経験

私が初めてスキーをしたのは小学校三年生の時でした、とある登山家。最近、思い返してみるとそういう体験も登山を始めた動機のひとつになっており、寒いのに連れていってくれた両親に大変感謝しています。上越の小出 …

no image

ウィンタースポーツ用のそりの特徴や魅力

子どもやギアを牽引するためにデザインされた、スポーツ用のそりがある。一見おもちゃっばいけど、これが実によくできている。子どもの体重が重くなると、重いわ、バランスはとれないわで、キャリアを背負ってのスキ …

no image

マウンテンキャンプに子供を連れて行ったときの危険対策

山で子供が遊ぶ場合に、注意したいこと。小さな子達には目立つ色の服を着せ、万一フラフラ歩き回り始めてもひと目で居場所がわかるようにしたい。地図をヒント代わりにし、コンパスを利用して宝物を探し当てる。キャ …

no image

初めてのキャンプを家族で体験しよう

初めてのキャンプをまず体験しよう、目的はそれからでいい。出かける前に家族全員で充分に話し合おう。キャンプについて充分に話し合うと言っても、特別なものはいっさいなし。全員が「キャンプに行くんだ」という、 …