雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山では各ピッチで休む場所もまず安全を確認しましょう

投稿日:

登山では、少し余力を残しておくことです。予定地に着いた時に息がゼーゼーしてバテていてはどうしようもありません。最後のピッチは少し落としましょう。必ず五〇分でなく、安全な場所がなかったら多少時間が伸びても仕方がありません。各ピッチで休む場所もまず安全を確認しましょう。休憩の時にやはりゼーゼ言って何もできないようでは余裕もなくなり、何のための休みかわかりません。ただ、休み時間を長く取りすぎると却って疲れが出る元になりますので注意してください。

各ピッチごとの速さについてですが、歩き始めはややゆっくりで、次第に調子を上げていき、次の休みの手前では速度を落としましょう。記録係でなくても休んだ時間とか位置のメモを取っておくと後で反省の時便利です。休み時間というのは靴紐が緩んでいないか確認したり、水を飲んだり行動食を食べたり、パッキングを確認する時間です。記録を取ったり地図を確認したりすることも忘れずに。

大パーティーの場合

大パーティーの場合、みんなで休むために広い場所が見っかるまで多少時間が過ぎても歩き続ける場合があります。臨機応変にパーティーの力量によって変わって当然です。全体として一〇〇%の力で歩かないこと、個人差がありますが二〇%程度は余力を残しておいた方がよいでしょう。五ピッチの場合、四ピッチの場合も八ピッチの場合もあるでしょうし、ピッチごとの時間も四〇分歩きもあるかもしれません。平地か坂道か雪道かによってもこれは違ってきます。中高年の場合、体力差も大きく上記のように行程ピッチも変わってくるので、一日にどの程度のカロリーを消費するかについての典型的なデータは取りづらいのが現実です。

数値は出せませんが、ある程度勘案して持っていく食料のカロリー計算をしてもいいかとは思います。自分だけの体力で行くとパーティーがバラバラになり、特に悪天の場合には遭難の原因になります。パーティーの中で一番弱い人に合わせることも忘れずにお願いします。坂道でも特に頂上に登ったあとの下りははかなり疲れます。ふだんあまり使わない筋肉を使うためです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山のトイレ、ゴミと自然保護の問題

・山のトイレ、ゴミと自然保護 人間は自分自身が楽しむため、心を癒すために山・自然を利用します。それがほどほどであればよかったのですが、度を越したために問題になってきました。ゴミのポイ捨てをやめたり、む …

no image

登山やデイハイクでビバークを余儀なくされる状況

デイハイクは、子ども達がリードをとっていたが、半分程行ったところで何か変だと気がついた、とある人。しばらく行くと、幅の広い川があり、渡れる場所を探しているうちに1時間浪費。トレイル前半の所要時間は4時 …

no image

子供に片付けを小さい頃から教えよう

キャンプでは彼女の天下だった、とある家族。娘って要求がこんなに多いのに、私達やっていけるかしら。そうは思っても、やらなきゃ小さな娘の健康と安全は保てない。夜通し起こされてもうろうとしていた私達は、朝を …

no image

登山でストック二本を正しく使用している人は少ない

残念ながら二本ストックを正しく使用している人は少ないようです。上手に使えば膝への負担をやわらげる効果も期待できるのですが、すでに膝等を痛め使用しなければならない人を除き、まず正しい歩行技術を学ぶべきで …

no image

登山の基本技術は習得しておいたほうがいい

・基本技術を習得しておくべし ある人は、冬の赤石岳や聖幅を登りました。ネパールヒマラヤにも挑戦してみました。社会人山岳会である昭和山岳会に入会し、登山のイロハを学んだ。岩登りや雪山登山技術をマスターし …