雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山の1日のペース配分は?

投稿日:

・一日のペース配分

たとえば一日の行程が五ピッチとしましょうか、そして一ピッチが五〇分歩きの一〇分休みとしましょうか、その場合、登山口から登りはじめの時のピッチは調子を見るために比較的ゆっくり歩きます。したがって何も五〇分歩く必要はありません。リーダーに限らず、パーティーのメンバー全員がその日の行動時間、あるいは予定ピッチを知っておくことはとても重要なことです。

ヨーロッパアルプスなどでは全然休憩を取らないで歩き続けるケースもあるようですが、日本では緊急の場合を除き、多くは日の行程を歩く時間、休む時間と区切り、ピッチという表現で表します。山の中ではある程度の時間、距離を歩いたなら休憩をとります。汗をかいたら拭けはいいし、あるいは衣類で調整してもかまいません。そして二ピッチ、三ピッチと徐々に調子を上げていくことです。

一日に何時間程度歩くのでしょうか?

・歩き方

一日に何時間程度歩くのでしょうか?これはもちろんコースによりパーティーによりまちまちですし、誰も強制するものでもありません。山登りは歩くことにより、距離を、高度を伸ばしていきます。上がった高度は最終的にはほぼもとの高さに戻ります。まったく当たり前の話です。山登りが健康にいいと言われているのは運動面からいって適度な運動量をこなすからです。冬山の例はともかく、夏でも一日歩けば、かなりのカロリーを消費します。

通常の冬山(三〇~四〇kgの荷物で一日約八時間行程)ですと四〇〇〇~五〇〇〇キロカロリー程度のカロリーを消費するそうです。フルマラソンが一四〇〇キロカロリーと言いますからこれはかなりの運動量です。適度な心拍数で歩くと脂肪燃焼効果があります。しかし疲れすぎては逆効果です。日本の山はともかく空気の薄い四〇〇〇メートル前後の山をトレッキングする時などは、その高さに慣れるまでかなり遅くなって当然です。自分たちのペースを何度か経験して知っておくことが大事なことです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

風でカヌーのスピードが落ち流されてしまうこともある

風でカヌーのスピードが落ち流されてしまうこともある。 幼い娘2人にとって、水面下の世界をのぞくのは、それほど刺激的で楽しいのだ。もっともそれも、ある湖沼に出かけたとき一変した、とあるカヌー遊びに出かけ …

no image

動物観察をする楽しみ方

目的の動物の種類や楽しみ方。地形、そのときの天候具合などによってさまざま。手ぶらでもよいし、カメラやビデオ、あるいはメモ帳を持っ人がいるかもしれない。眠しい光に弱い人ならサングラスは欠かせない。ただ森 …

no image

トイレトレーニングの進め方-アウトドアで実践したい方法

小さな子供とのアウトドア。おまるを持っていけないバックカントリーではどうするか。健全なアウトドア・トイレの常識を、親であるあなたが教えることになる。小さな女の子は簡単にはいかない。しっかりパンツをおさ …

no image

ロングトレイル、ハイキングに子どもと一緒に行くのなら

ハイクではまず様子を見てみよう。小さな子でもこれくらいの距離なら大丈夫だ。いざというときにはキャリアのお世話になる。トレイルのコンディションは、計画の前に調べておこう。また雷が多発する時期や地域では、 …

no image

モズは高鳴きとは違うさえずりを歌う

モズは高鳴きとは違う「さえずり」を歌う。求愛である。つまり、「縄張りの誇示」のためには速賛を使うことはないだろうと思う。争いに勝った個体は、いわゆる「モズの高鳴き」をする。小枝の先で「ギギギギーッ」と …