雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山のパーティでのリーダーの役割

投稿日:

パーティーには、リーダーが必要ですが、一般的に15人を超えるパーティーでは、チーフリーダーとサブリーダーが必要です。30人を超えたら、パーティーは一つに分けた方が安心です。気心知れた仲良し4人組もあれば、ハイキング愛好会の月例で、十数人というパーティーもあります。様々なパーティーがあります。旅行会社が企画・実施した登山ツアーもあれば、区の教育委員会が実施する文化事業としてのトレッキングもあります。

30人を超す大きなパーティーでは、まずチーフリーダーとサブリーダーを決めます。パーティーを二つに分け、この2人はそれぞれのパーティーのリーダーを担当します。さらに各パーティーにサブリーダーを決めます。30人を超えるパーティーが一列で行動すると、リーダーの日配りの限界を超えてしまいます。狭い山道で追い越したり、追い越されたりする際に気遣いが必要だし、ときとして危険なことすらあります。

全体を速やかに行動させるための基本形

パーティーのリーダーなりサブリーダーが先頭に立つことが多いですが、現地ガイドさんがリーダーになるケースもよくあります。いずれにせよ、パーティーの中で一番弱い人が2番手、リーダーのすぐ後ろに付いて歩くのが、パーティー全体を速やかに行動させるための基本形です。リーダーという言葉には、二通りの意味があります。パーティーの責任者を指す場合と、山の中で先頭に立ってコースをリードしていく人を指す場合です。歩き始める前に、パーティーのオーダー(並び順)を決めておきます。パーティーの先頭に、リーダーが立つかサブリーダーが立つかは、臨機応変ということになります。

2番手に入るように指示された人が、私、弱いですから最後から行きますと言って、後ろに回ろうとすることがままあるのですが、これはパーティーがバラバラになる原因になります。特別な問題がない限り、弱い方は2番手を歩くこと。コース上に危険箇所がなければ、パーティーのオーダーは弱い順にしておくのが順当です。リーダーはパーティー全体に日配りして、中程で遅れて間が開くような人が出たら、その人を2番手にするとか臨機応変に対応しなくてはいけません。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山のぼりで目印のイタズラによる遭難

芦屋市や神戸市の「高座の滝」や「荒地山」(標高五四九m)、「ロックガーデン」などは、都会の近くでありながら本格的な山の雰囲気が味わえることから、山歩きコースとして人気が高い。しかし、四月だけでも二人か …

no image

一人登山があまりおすすめできない理由

一人で登ることを単独行と言いますが、このように単独行には素晴らしさと危険が同時に存在しています。しかし、この危険を独力で克服した時の快感は素晴らしく、より困難を求めて単独行をする登山家もたくさんいます …

no image

ヤマネは秋にヤマブドウや昆虫などの小動物をたくさん食べる

ヤマネは秋にヤマブドウなどの奨果や昆虫などの小動物をたくさん食べて、睡眠を長くとるようになり、体重が増える。夏の体重は二〜二五gだが、冬眠前には三〜三五g、個体によっては四g近くになるものもある。 体 …

no image

ウォーカーのトレーニングの一歩は「歩き」

山に行くと、よく林道を通って目的地の入口に近づくことがある。ちょっと見通しのよいところから先を見ると、林道がはるか彼方にまで伸びており、目的地はまったく見えない。こんな光景に出くわすと、もうそこで精神 …

no image

今いるところを地図で発見するには?

動植物などを観察しながらのウォーキングは別として、目的地に達することが目標ならば、歩くときには必ず一定のペースを守ることが大切だ。歩き出してすぐは、できるだけゆっくりしたペースで、たとえば十五分ほど歩 …