雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山での上り下りの優先、注意点など

投稿日:

登り始めると山から下りてくる人とすれ違います。このすれ違いにも暗黙のルールがあります。自由にすれ違える広い道では構いませんが、狭い道ではどちらかが脇によけます。よける時は、原則は山側によけます。下りる登山者の方が登る登山者を先に見つけやすいので安全な場所を探しやすいことと、急いですれ違うため下りる人が走ったりすると危険だから、通常は下りる人がよけて登る人を通します。これは安全にすれ違うためです。すれ違う時は気持ちよくこんにちはと挨拶しましょう。

荷物を背負うには背筋も使用しますので、筋力トレーニングが面倒な人は日帰り登山で鍛えましょう。不要な物を持たないようにすることはよいのですが、何回か日帰り登山を行い、次のステップに進みたい人は、泊りの時と同じ荷物を持って歩いて見ることもよいでしょう。平地でのトレーニングを十分に行っていれば大丈夫です。

もう登らなくてもよい。後は下りだけ

魔の下りと四分の三の法則目的の山に向かい、念願の頂上に立ちました。もう登らなくてもよい。後は下りだけで楽だと思う人がたくさんいるようです。昼飯も食べ、張り詰めていた気も緩みがちです。山岳レスキュー協議会の調査によれば中高年の事故は、この下りの最中に一番多いのです。実際にすれ違いの時にザックがぶつかりバランスを崩し滑落した事故も起きていますので注意しましょう。仮にぶつかった時、動いている人と止まっている人では、止まっている人がとばされるからです。

登りで体力・筋力を使い果たした人は要注意です。一日の行程の四分の三の所での事故が一番多いです。登りなら、ちょっとつまずいても手をつくだけですが、下りでは転倒・滑落につながります。木の根にのって滑っても捻挫につながります。トレーニングをして筋力や持久力を鍛えるのが一番ですが、中高年になると維持するのが精一杯になります。ストックの利用なども効果的ですが、みなで注意を喚起しあうのが効果的と思います。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

テントで寝るときの儀式はもせいぜい7歳まで

ある家では、キャンプでのおやすみの儀式もせいぜい7歳まで。それでも本の朗読は変わらず続いている。夜ふかしで困ったことは一度もないそうだ。子ども達が少し大きくなると、夜のテント内にはまるで家にいるような …

no image

新聞を使ったご飯の炊き方

アウトドアでは、鍋や釜といった調理道具を使わなくたって、料理はつくれる。いや、アウトドアで、美味しい料理だってできる。串一本あれば、肉や魚を火にあぶって食べることができるし、アルミホイルで包んだり、あ …

no image

川遊びや虫を見つめるのは面白い

ヨモギの葉をよくもんで、葉の汁をガラスにぬっておくとよく見えると言われ実行し、タイヤチュープに乗り、一日中、川の中をのぞいていた。魚、川藻のついた岩、ユラユラする水中植物、湧き水に砂が舞い、また別の魚 …

no image

登山用ストックの使い方

・ストックは他人に、自分に、自然に優しく使うべし 山の中でのストックの使い方ですが、ストックは上下運動させるような使い方を基本とします。登りでは後ろの人が、目の前にストックの石突きが飛んで来るのでびっ …

no image

山登り仲間とともに山に登ろうということになって計画を任されたら

・実力と旬を見極めプランニングすべし 問題です。来月の日曜日に、仲間とともに山に登ろうということになって、計画を任されました。さあ、どうしましょう?登山経験が豊富であれば、山を決めるのはさほど難しいこ …