雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山は無理をして必死になって登るものではない

投稿日:

本来、登山というものは必死になって登るものではない。登ることも大事だが、それよりもその山自体のこと、山を支えている山麓部分のことを知ると、その山の魅力はいっそう引き立ってくるのだ。富士山でいうならば、この山はさまざまな領域によって成り立っている。ある植物生態学者は、これまで富士山に一〇〇回以上も行っていると言う。しかし山頂まで行ったのはほんの数回である。富士山に行くと人に言うと、当然のように頂上にまで行くと思っている人がほとんどである。

たとえ山頂まで行く予定であっても、予定時刻を大幅に過ぎたら、途中から引き返すのである。その先はまた次回に調査すればよい。目的に合わせて山を選ぶ人はそれぞれいろいろな趣味を持っており、興味を引かれるものや好みといったものもさまざまだ。山歩きを楽しもうとする人たちを分けると、大きく自然・環境派と文化・歴史派の二つになるだろう。ただ、これは便宜上、分けただけで、どちらが良いというわけではない。また、どちらも楽しみという人も少なくない。

行楽地の情報が流されると

山麓部分には、江戸時代の宝永年間の噴火(一七〇七年)による火山荒原がある。そのほか、やや古い、千百年前の噴火による青木ヶ原の樹海、数千年前の噴火でできたとされる東北斜面のアカマツ林、数万年前という古さの南西斜面の樹林、などがある。このように、同じ富士山でも各領域によって様相はまったく異なる。山頂にだけ何度登ったとしても、そうしたことに気づかなければ、富士山の本当の魅力は分からないのである。最近は、朝のテレビニュースなどでどこそこで花が咲いたとか紅葉がきれいになったなどと行楽地の情報が流されると、それを見に出かけ、ついでに山を歩いてくるという人も少なくない。

ただ、そのような場所は混雑し、マニアの人たちがすでにたくさんいることが多い。自然と歴史は、日本人にとって一体となっている。花や野鳥を観察しながら登山するには、季節が重要な要素になる。ふつう花や野鳥観察ならば春から初夏が適している。しかし冬に咲く花、冬に日本列島にやってくる冬鳥もあるから、目的に合わせて山を選ぶことがポイントになる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリ …

no image

動物の中でも哺乳類は移動力がある

動物の中でも哺乳類は移動力がある。低山だけに棲息するというものは多くない。果実が好物のニホンザルは、低山の森の代表的な動物に思える。だが、北アルプスでは、春先に山麓部分にいたサルの群れが、暖かくなるに …

no image

登山初心者は日記をたくさん書くようにしよう

さあ、登山に出よう。玄関から一歩外に出れば、そこがまさにアウトドアの始まりです。いつもとはちがう、ゆったりとした時の流れに身を置こう。週が明けたら、あなたの、そして子供たちの目は、絶対に澄んでいる。ワ …

no image

バックパッキング-テントで過ごした娘との素敵なひととき

デイハイクやオートキャンプにしか慣れていない子には、初めてのバックパッキングを快適に過ごせるよう配慮してあげたい。子どもの成長に伴って体力もついてきたら、セーターや小型水筒、行動食、そのほか持ち歩くの …

no image

ヨーロッパにまで自転車ツーリング行けない人、気を落とさないで

自転車トレーラーでの雨の中での旅。雨に濡れながら1日中走るわけで、テント設営だの食事の支度だの、そんな気力は残っていない。宿に泊まってその辺の負担を軽減するほうを選んだ、とある家族。アイルランドの人々 …