雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山の持ち物リスト-必要最小限にしておこう

投稿日:

・持ち物のこと

個人の持ち物はどうでしょうか。たとえば行動中のフリースとは別に朝晩冷えるからといってセーターを持っていくとか、汚れるからといってタオルを何本も持っていく人がいます。これらだけみれば一見何でもないようですが、このような形で同じ機能のものをたくさん持っていったらどうでしょう。自分の持病薬は別にしても他の一般的なものは担当を決めて持ってもらうようにした方がよいと思います。

救急用品は大事ですが、パーティーで行くなら一人一人が同じものを持つ必要はありません。他の共同装備と考えられるものは同じ考え方になります。持ち物は必要最小限にしたいものです。清潔感は大事ですし、着るものをかえれば雰囲気も違うでしょう。でも洗えばそれで済むものなど何日も我慢するわけではありませんし、むしろそれにより行動に支障をきたしてしまったのでは元も子もありません。

行動計画の立て方

計画書の作成、提出決まったことを明確にして計画書を作りましょう。参考として記しますと群馬県登山条例、富山県登山条例があり、この地域は該当する地区、期間により事前に計画書の届けが必要になります。計画内容はパーティー全員に徹底しておいた方がよいでしょう。提出先としては所属山岳会、緊急連絡先、管轄警察署、登山口ポスト、本人留守宅などになります。記載内容として、(山岳会名など)、メンバー(氏名、年齢、血液型、住所、連絡先など)、期間、パーティーの所属日程、行動予定、非常時対策、留守本部(緊急連絡先)、山岳保険加入の有無、コース図そしてもしあれば食料、装備計画などになります。また、下山したらその届けも計画書提出先に行いましょう。

・食事の考え方

食事の基本は下山までの体力維持です。運動量に応じたエネルギーを補給し、効率よく栄養をとることが目的になります。食べやすいことが第一の条件になります。行動食と非常食で考えたいと思います。豊かな食事は疲れを癒してくれます。とは言いましても本書では山小屋泊まりを基本にしていますので行動中の食事を中心に記します。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

サイクリング自転車の選び方-どんなふうに遊びたいのか

子どもの乗ったトレーラーを引いて、なだらかな道を進むサイクリングは、たしかに趣味の点でハイキングにかなわない。氷河や高山植物のあるトレイルを行くわけではないからだ。ちびっ子抜きで本格的なクロスカントリ …

no image

山歩きでなによりも優先すべきこと

何よりも優先すべきことがあります。それは安全な所で休むということです。この原則を守っていないパーティーが意外に多いのです。コースをよく知っている人がいれば休憩によいポイントにあわせ、数分程度ずらすのは …

no image

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高 …

no image

動物の中でも哺乳類は移動力がある

動物の中でも哺乳類は移動力がある。低山だけに棲息するというものは多くない。果実が好物のニホンザルは、低山の森の代表的な動物に思える。だが、北アルプスでは、春先に山麓部分にいたサルの群れが、暖かくなるに …

no image

ウォーカーのトレーニングの一歩は「歩き」

山に行くと、よく林道を通って目的地の入口に近づくことがある。ちょっと見通しのよいところから先を見ると、林道がはるか彼方にまで伸びており、目的地はまったく見えない。こんな光景に出くわすと、もうそこで精神 …