雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山時にメモ帳に時間などを書いていくようにする

投稿日:

・メモする習慣を付けるべし

体力を計る物差しは、山に登ること。たわいもない坂道で息を切らせて、自分の体力の無さに標然とする人もいるでしょうし、胸突き八丁の急坂をスイスイ登って行ける自分に、自身のことながら感心する人もいるでしょう。実際、山に登ってみて初めて、自分の体力に気付かされるものです。本を読むことは大事ですが、たとえ登山・ハイキング雑誌を3年間36ヶ月連続して購読しても、本を読むだけでは畳の上の水練です。山に登る実力を計れるものではありません。

登山コースの標準タイムと実際にかかった時間との差で、その人の体力を計れます。大阪近郊のテストコースは六甲山、芦屋川駅から歩いて六甲山最高点に立ち、魚屋(トトヤ)道を有馬温泉に下ります。東京周辺なら高尾山、稲荷山尾根から登り、城山から小仏峠へと辿ってバス停までをテストコースにしてみます。

高尾山の場合、京王線高尾山口駅改札口を出て、右に進むとすぐケーブルカーの乗り場、清滝駅があります。その左横が稲荷山尾根の入り口です。稲荷山までの標準タイムは1時間5分、稲荷山から高尾山頂までは1時間、合計2時間5分です。道標がありますから、すぐわかります。

実際に行動が始まったら

実際に行動が始まったら、時間をメモするクセをつけましょう。例えば、高尾山口駅改札口を午前9時に出発したとします。その場所で休憩しなくても、明快な場所は通過の際に時間を確認しておきます。手帳には9時出発と記します。場所名はないことが多いですから、手帳には休憩9時43分~53分と記します。清滝駅左横の登り口で時刻が9時5分だったら、手帳に登り口9時5分通過といったように記します。

3時間くらいでなら余裕を持って歩けるけれど、5時間を超えると辛くなると自己診断できた人は、ガイドブックの中に4~5時間のコースを見つけてプランニングすれば、安心安全に山登りを楽しめるはずです。山行きの都度、時間経過をメモすることで、実際の所要時間をチェックすれば、その時間を標準タイムと並べてみることで、実力はおのずと明快になってきます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

タヌキは冬眠することもあるが温暖な日には巣穴から出てくる

雪で覆われているから天敵の目から逃れられ、安全だ。彼らは冬の間も活動を続け、秋に貯めた木の実や、茂みでひっそりとしているクモなどの昆虫を食べて暮らす。哺乳類と鳥以外の変温動物は、ほとんどが冬の寒気で活 …

no image

林での風景写真の撮り方のポイント

スナップ写真は、やや望遠にして撮ると背景が迫ってくる感じで、良い写真になる。重要なのが光の方向。林の中では人の顔に木の枝の影が当たらないように、写される人の立ち位置を調節する。そのときの顔の向きも大切 …

no image

山登りに必ずリーダーが必要である理由

どこぞの国の首相のように、リーダーシップを発揮せず問題を先送りにしていると、国が迷走してしまいます。リーダーは、いればいいというものではなく、リーダーシップを発揮できるリーダーであることが肝要、自明の …

no image

布おむつの使い方やハイク時の色々な実践法

赤ちゃんとハイキングに出かけた場合、取り替え作業の前に清潔なおむつ一枚をその敷物の上に重ねて、排池物による汚れを防ごう。バックカントリー用には小さなフォームパッドがあると便利。地面が柔らかくて乾いてい …

no image

バーベキューでのベーコンの作り方

バーベキューをするために、山に出かけてみよう。森の中、さわやかな空気は燻製のもう一つのスパイス。たちのぼる煙に、文句を言う人もいない。さあ、旨い「森の燻製」をつくろう。失敗のない簡単で旨いベーコン。ス …