雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山は決して競争ではない

投稿日:

・競争しない、自慢しない

標準的なコースタイムという目安があります。例えば、山形の月山の8合目から山頂まで、ガイドブックによると標準タイムは3時間です。それを2時間半で登ると勝った、3時間半かかると負けた。誰も声に出して言うわけではありませんが、心密かに競争する。

ゴルフでもテニスでも、サッカーでも野球でも、競技スポーツは勝ち負けを競うのが普通です。その点、登山は勝ち負けを競いません。登山はスポーツか否かということは、昔から論争されてきました。少なくとも、競技スポーツではありません。そこに登山の大きな魅力があります。自分と山との個人的な関係、っていうのがいいんですよね。それなのに、登山に勝ち負けを持ち込む人がいるんです。

北アルプス、穂高岳山荘の談話室は、クラシック音楽が静かに流れる素敵な空間で、大好きな場所です。そこで、早めに到着した方たちでしょう、缶ビール片手に盛り上がっている方々がいました。月山で93、明日奥穂高岳に登ると94、あなたはおいくつ?、ちょっと自慢気な口ぶりです。

年齢の話ではありません

年齢の話ではありません。この数字は、日本百名山を登った数なのです。先週、月山に行ったんだけど、8合目から頂上まで2時間半で登っちやったよ、お一人が、標準タイムをゆうに短縮したと自慢気に話しています。

日本百名山を94山登ったからといって、ギネスブックに載るわけじゃなし。100メートルを何秒で走れるかならいざ知らず、月山を2時間半で登ったからといって、自慢するほどのことではありません。大方の人は、他人の自慢話などす。そのことに気が付いてほしいと思います。

早晩、2時間半では登れない日が来ます。月山に標準タイムを短縮して登れたということは、自分に勝ったのかも知れません。しかし、年々体力は衰えていきます。時間でも登れなくなる、負けじゃないですか。そうなったら、他人様に自慢話ができないからと、山登りをやめてしまうんでしょうか。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

障害者の子供にアウトドアは自信と独立心を与えてくれる

あるハンディのある子供を持つ家族の話。自信と独立心をアウトドアは与えてくれる。アウトドアのおかげで、カートの人生体験はカラフルになった。メキシコ湾では野生のイルカを間近に見、へラジカやビーバーを森で見 …

no image

他の子供の友達とのおでかけ

子どもにとって大切なのは、ゴール達成ではなく、この一歩、この一秒を楽しむことだと、親としてしっかり認識しておこう。そうすれば多少スローでも楽な気持ちになれるはずだ。ほかの家族が加わると、すべてがいつも …

no image

登山用ザックはサイズ選びに注意しましょう

・ザック 大きさから背負やすさ、使いやすさ、そして機能面にいたるまで十分玲味して選ぶ必要があります。山での生活用品をすべてこの中に入れて持ち運ぶことになります。大きさですが、一般的に日帰りでは二〇リッ …

no image

春の雪質の特徴と気をつけたい山での注意点

軽く準備運動してから登り始めるとまずチゴユリの白い花が歓迎してくれます。続いて雪椿の紅い花が日にあざやかに飛び込んできます。飯豊連峰の西、越後平野に面し連なる五頭連峰は新潟でも、もっとも登山者の多い山 …

no image

トレイルでのルールをしっかりと子供に教えておこう

家族の能力をじっくり検討し、どんな山行形態ならお手頃で楽しく、しかも満足感があるか調べる。まずは手軽なハイキングで様子を見よう。先行が許されている子どもには、トレイルでのルールをしっかり教えておく。た …