雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山の行動計画の立て方

投稿日:

・行動計画の立て方

登山計画は初期段階から経験のあるリーダーの下で計画計画を立てるための要素として、目的=気の合った同士で気ままに行きたいか、レべルアップを日指すか。山域=〇〇〇~一〇〇〇メートル程度の中の入門コースか、三〇〇〇メートル程度の山か。季節=真夏か早春の雪のない場所か晩秋か。参加メンバー=経験者がいるか。期間=日帰りか一泊か数泊か。初心者だけかなどが主な決定要素となります。

会で行く場合、仲良し同士で行く場合等いろんなケースがあると思いますが、重要なことはどんな目的で山登りに行くかということです。参加メンバーによっては当初の目的を変更しなくてはいけない場合もあり得ます。多少の訓練を兼ねていくのか、それともまったくの楽しみで行くのかにより行動計画は変わってくると思います。山域・季節・期間も重要な要素です。また、行動計画を立てる場合、リーダーを決めることも忘れないようにしたいものです。リーダーを決めておかないと、いざという時に、チームがバラバラになってしまいます。

中高年の回復力

バランスを保持・維持する力は黙っていれば加齢と共に落ち込むのを、トレーニングによって落ち込む角度を緩くしていると考えたらよいかと思います。同じ運動、同じ山行をしても、あるいは同じ病気にかかっても、その回復は若い時に比べてはるかに劣っています。同じ年代でも個人差が大きくなります。より若い力を維持している人とそうでない人です。

注意力に関しては、恐らく自分では若い時と同じ感覚でいるので、まったく気がつかないうちに散漫になっているのだと思います。そのあたりは潔く受け入れて自分の行動を考えるしかないのだと思います。三〇歳代と六〇歳代でほぼ同じ行動をしていました。たとえば食事等で腹痛等消化器系をやられても三〇歳代は一日か二日であっという間に回復します。しかし六〇歳代は二、三日して少し回復した程度です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

天体観測初心者は双眼鏡がおすすめ-場所は車から

降るような星の下にやってきた、としよう。車を止めて、双眼鏡やシートを引っぱりし、安全な場所を確保したら、すべてのライトを消してしまう。そして、じっと待つ。人間の眼は、暗闇に慣れるまで、そのくらいはかか …

no image

車の中で本を読むことでも子供を楽しませられる

親が少し努力すれば、退屈な車中が楽しい学びの場になる。子ども達は、新しいことを知りたくてウズウズしている。動物の習性を教え、無知や不安を払拭して、正しい知識と理解で満たしてあげよう。たとえばリスの巣は …

no image

山では風により体感温度がグッと下がる

山では風により体感温度がグッと下がる。 一〇m/秒の風であれば、一〇Cも低く感じる。山へ登ると気温が下がる。一〇〇〇mの山であれば、頂上では地上よりも五・五度、気温が低い。これに風が加わるから、山での …

no image

幼児のアウトドアでの服装はどんなものがいい?

小さな子ども達がアウトドアに出かける場合には、オーバーオールを着せて、腰や胃腸部分を暖かく守ってあげたい。フリース素材の生地が手に入るなら、オーバーオールを自分で縫うのもアイデアだ。生地自体、安い買い …

no image

登山では各ピッチで休む場所もまず安全を確認しましょう

登山では、少し余力を残しておくことです。予定地に着いた時に息がゼーゼーしてバテていてはどうしようもありません。最後のピッチは少し落としましょう。必ず五〇分でなく、安全な場所がなかったら多少時間が伸びて …