雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山の記録係はリーダーだけがつけるのではなく一人一人がつける

投稿日:

記録は記録係やリーダーだけがつけるのではなく、一人一人がつけたいものです。登山記録のものさし休憩の時にきちんと記録をとる人を見かけます。とてもよい習慣だと思います。時間だけではありません。雷鳥がいた。標高何メートルの所で何の花を見た。登山記録は何でしょうか?それは、登山のステップアップのための事後検討と言えるでしょう。楽しかったこと、素晴らしかったことだけでなく困ったこと、失敗したことなど感想や反省も交えて書けばよいでしょう。

山岳会ならもちろん報告書形式の堅苦しいものが必要でしょうが、楽しみで登っている人は紀行文のようなもので十分です。記憶が新鮮なうちに書き留めましょう。若い時は記憶力もよく、一度行ったら忘れないなどと豪語していたものですが、最近、何回か行ったことのある場所で迷ったりするようになりました、というベテランも多いようです。木が伐採されたり、新しい道や建物ができたということも一因ですが、やはり中高年になると忘れやすくなります。

記録を見れば

中高年になっても見栄はありますので、話を聞くとあの山は簡単だった、楽勝だったというように話をする方も多いのですが、コースタイムを改ざんする人はあまりいませんので、記録を見れば実際はどうだったのかもよくわかります。あの人たちがこれくらいなら、私はこれくらいかなというものさしができるようになればしめたものです。よく登山経験一〇年ということが言われます。

これは何を意味するのでしょうか?経験というからには主体的な取組みがあり、意識をしていなければ経験とは言えないと思います。たとえば赤ちゃんが一〇歳になれば人生経験一〇年というでしょうか?違います。旅行業社を含め他人が立てた計画にのっかり、ただついていくだけの登山を何年続けてもそれは経験とはなりません。逆に言えば赤ちゃんのままの登山者が多いということでしょう。いくら主体的な登山をしても、夏山だけ一〇年では、やはり夏山経験一〇年でしかありません。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

家族のイベントに参加しにくくなってくる年齢

子どもが、テイーンになっても喜んで家族トリップに参加するようなら、それは感涙もののできごとだ。だからこそ、彼らが退屈しないような計画を立てたい(もちろん、ほかのメンバーの許容範囲内で)。どんどん新しい …

no image

スキーに赤ちゃん連れで行く際のポイント

スキーというのは、土の上を歩くハイキングよりも、はるかにバランスが必要。赤ちゃんの防寒を徹底すれば、キャリアに入れてスキーを楽しむことも可能だ。ただし、赤ちゃんの大きさ、年、性格にマッチしたキャリアで …

no image

雲の種類と天気などを知ろう

・雲の種類を知るべし 雲の動きを観察して、変わり行く天気を予想する観天望気です。都会ではともかく、山では空を見なくてはいけません。普段の生活で、空を見上げたことはありますか?坂本九さんの歌ではありませ …

no image

キャンプではキャリアが役に立つ

キャンプでは、キャリアが役に立つ。メーカーも薦めているように、キャリア内の安全ストラップをきちんと締める習慣をつけよう。背負っている人が転んでも、これで子どもは大丈夫なはず。もっとも、子どもを背負って …

no image

計画を立てる際にリーダーがいたほうが利点が多い

みんなで計画を立てる場合は、発言には責任を持たなくてはならない。口先だけの無責任発言、これもルール違反である。もっと厳しく言えば、ルール違反者は、二度とグループに参加させてはいけない。そうでないと山登 …