雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登山の基本技術は習得しておいたほうがいい

投稿日:

・基本技術を習得しておくべし

ある人は、冬の赤石岳や聖幅を登りました。ネパールヒマラヤにも挑戦してみました。社会人山岳会である昭和山岳会に入会し、登山のイロハを学んだ。岩登りや雪山登山技術をマスターして、谷川岳一ノ倉沢やを登りました。それが、登山というものだったのです。大学山岳部や社会人山岳会は、登山学校としての役割も大きかったのですが、ふた昔前までは、登山と言えば岩登り、沢登り、雪山登山のことでした。岩登りや雪山登山の基本的な技術を習得しておくと、ハイキングレベルの山歩きでも、安心度が格段に高まります。

登山に上も下もないのですが、一般コースから頂を目指すような登山は、難度が低く技術を必要としないので、一段下と目されていました。しかし、現在では、特別な技術を必要としない、誰にでも気軽に楽しめるアウトドアスポーツになったようです。中高年登山がブームとなり、登山者の7割以上が中高年者となると、一般コースから頂を目指す山登りが、登山ということになってきました。技術を必要としないですが、一般コースから頂を目指す山登りだって、技術は必要。

技術を習得しておいた方がずっと安心

岩壁を禁じたり、胸までの深いラッセル(深雪を踏み固めて道を作りながら進むこと)を強いられるような登山は、本格的なと形容詞が必要な時代になりましたが、技術を習得しておいた方がずっと安心です。例えば、日本百名山の槍ヶ岳。上高地から明神、徳沢、横尾、槍見河原、殺生河原、二本の足を交互に上げていけば、肩に立つ槍ヶ岳山荘まで登って行けます。

しかし、二本の足を交互に上げて行くということは、右足で立って、つまり右足一本で体を支えておいて左足を前に出す、その繰り返しになります。槍の穂先に立つには両手両足が必要、ロッククライミングになります。一般コース上に出てくる岩場は、3級までがほとんどです。槍の穂先の登りも、3級の岩登りになります。3点確保によるロッククライミングの基本技術をマスターしておくと、無理なく安心して登れます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登攀技術の習得は読書や一度や二度の講習会で習得は難しい

余裕のある山行では快適さを優先してもそれは個人の自由ですので構わないと思います。個々のノウハウを書く余裕がありませんが、いくつかの原則があります。ひとつは素早くできるようにするということです。たとえば …

no image

色々な動物の爪の種類

急な渓流に棲息するサンショウウオ類では、幼生時代に爪があって、それで岩などに体を固定するものが多い。アフリカツメガエルのように、後足の指先だけにある爪で泥底をかき回し、いて飛び出す水生小動物を捕食する …

no image

タヌキは冬眠することもあるが温暖な日には巣穴から出てくる

雪で覆われているから天敵の目から逃れられ、安全だ。彼らは冬の間も活動を続け、秋に貯めた木の実や、茂みでひっそりとしているクモなどの昆虫を食べて暮らす。哺乳類と鳥以外の変温動物は、ほとんどが冬の寒気で活 …

no image

山での落雷対策や嵐の際の注意点

事故のリスクを最小限に抑えるため、知っておきたいことをあげたい。毎年落雷による死傷事故が起こっている。アウトドア人間には無視できない事実である。雷が鳴っているのに、そのまま子供との遊びを続けるのは危険 …

no image

登山は文化-歴史的なことを紐解くようになり興味は広がっていく

・山登りは文化 横断山脈と呼ばれる地域(チベットや雲南省、四川省そしてミャンマーの辺り)の山、特に未踏峰に関することはもちろん、山、地域の呼び名、読み方、発音に関することなど多くのことを調べている人た …