雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トヨタがヴィッツを開発するにあたって

投稿日:

トヨタはヴィッツを開発するにあたって、フランス車を徹底的に研究したという。その結果、たとえばシートなどには相当お金がかかっているそうだ。実際、トヨタヴィッツのシートは、このクラスの国産車のなかで群を抜いて出来がよろしい。

トヨタヴィッツは、従来のスターレッドなど比べものにならない広さ。ドライバースシートは位置が高く設定されており、きわめて視界がよい。

プリウスに端を発するセンターメーターは見やすい。トヨタヴィッツのボディスタイルは、明らかに従来の国産車とは異なるもので、きわめて斬新である。プリウスの角をとって少し丸くしたようなこのデザインには国産車には珍しくボリューム感があり、どこか空気が抜けてしぼんだようなカローラあたりと比べると、一見してその違いがわかる。

当時、横浜でおこなわれたトヨタヴィッツの試乗会で何台もトヨタヴィッツを見たが、そのたびに「ああ、新しいクルマだな」と思わされた。トヨタヴィッツは、3/5ドアのどちらを選ぶかといえば、3ドアを選ぶだろう。5ドアのほうが多少便利かもしれないが、トヨタヴィッツの3ドアは、後席への乗り降りがきわめて楽だし、なによりこちらのほうがスタイルがいい。

トヨタヴィッツのようなクルマは

動力性能的には、けっこうキビキビ走り、不満はないが、どうせならマニュアルボックスで乗りたい。都内に住んでいる人なら、オートマチックでもいたしかたないが。

エンジンで乗るなら、トヨタヴィッツのようなクルマはマニュアルボックスのほうがずっとおもしろい。概して日本のクルマはハードだけ見れば、なるほどいいクルマなのだが、「この格好だけはなんとかならんのか」というものばかりだ。そのなかにあってトヨタヴィッツのボディスタイルはいたってまともで、その大きさも手ごろだ。

一般に日本のデザイナーはクルマにボリューム感を与えるのが不得手で、なにやらカマボコ板のようなクルマになってしまいがちなのだが、トヨタヴィッツにはゴルフのようなピーンと空気が張ったような緊張感が漂っている。国際戦略車ということもあって、ここらあたりトヨタは相当勉強したのだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

FF車の開発と暗中模索

スバルFFー1スポーツ(一九六八(昭和四三年発売)を開発するときにリヤ・サス(トレーリング・アーム式)の横剛性を上げてみた。実際はバン用のサスに変えてみたところ、安定性が格段に向上しびっくりしたもので …

no image

輸入中古車店選び-昔と違い良心的な店が増えている

全国津々浦々にディーラーネットワークが張りめぐらされた国産車と違い、輸入車のメンテナンスができるところはそうは多くない。輸入車に限らず、中古車購入に当たっては、店選びはことによるとクルマ選び以上に大切 …

no image

外車のセダンでおすすめの落ちついた大人の2台を紹介

販売台数が旧型同では失敗と言われるので、この売らんがためが日本のセダンのデザインをつまらなくしている一因で、セダンは開発段階から、売れることが絶対使命になっています。 ところがヨーロッパに目を移すと、 …

no image

前輪の横滑りと重心位置

ふつうの乗用車では、前後輪には同じタイヤを装着するのがふつうですが、今、仮にCPが大きいタイヤを前輪につけたとすると、前輪の横すべりが減って、ハンドルの効きが向上しOSの特性を示すようになります。逆に …

no image

自動車のブレーキ制御などの仕組み

4WD車では車輪の回転速度と車の加速度から算定された速度とを比較します。エンジンの出力を下げる方法にはスロットルを閉めたり、点火時期を遅らせたり、燃料をカットしたり、ターボ等の過給を止めたりしますが、 …