雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トヨタのプラッツとヴィッツのレビュー

投稿日:

ヴィッツ/プラッツはトヨタが21世紀に向けて作る新世代小型車の第一弾で、従来のスターレッド、クーゼル/コルサ/カロよフHにとって代わるクルマである。トヨタのヴィッツは日本のみならず、ヨーロッパでも売られる国際戦略車で、トヨタのフランスエ場でも生産される予定であった。

トヨタのヴィッツはまったく新しいフロアパネルと、これまた新設計のエンジンを与えられ、1999年1月に登場したFF2ボックス。プラッツはヴィッツを追って登場した3ボックスの兄弟車。

トヨタはこのヴィッツのフロアパネルを使って、3ボリュームのプラッツ、1・5ボックスのファンカーゴをたてつづけに送り出したが、この両車も爆発的に売れており、このクラスのマーケットをほぼ席巻した観があった。

発売されるやいなや、ヴィッツは大人気となって売れに売れ、日本のクルマ産業が不調にあえぐなか、あれよあれよという間にベストセラーカーの座に就いた。

ヴィッツは3/5ドアの2ボックス、プラッツは3ヴォリュームの4ドアセダン。ヴィッツのディメンションは全長3610m、全幅1660m、全高1500m、ホイールベース2370mmと、全長の短い割に幅が広く、かつきわめて背が高いというもの。

トヨタヴィッツの日本マーケットでのテーマ

ヴィッツの新しさは、このモダンなディメンションによく表れている。この幅と背の高さを利して、ヴィッツの室内は国産のこのクラスのクルマとしてはきわめて広く、大人4人がらくらく乗れる空間が与えられている。

ヴィッツの日本マーケットでのテーマのひとつは、軽自動車のマーケットに食い込むことにある。そのためヴィッツの価格は、最も安い3ドアのマニュアルで83万円と、きわめて安く設定されていた。

日本の軽自動車の牙城はきわめて堅固だから、卜ヨタの目論見はさほど成功しているようには思えないが、それにしてもこのクォーリティにしてこの価格、なんとも恐るべしである。

トヨタのヴィッツは、日本を大きく席巻したのだった。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のタイヤに空気入りのゴムが採用された時

空気入りゴム・タイヤの改良は急速に進み、今日では、釘でも踏まないかぎりパンクしなくなりました。そうなると、タイヤは次の段階である乗り心地や操縦性の良し悪しの面から論じられるようになったのです。すなわち …

no image

ムーブラテ評価-若い女性をターゲットにしたクルマ

ムーヴラテは若い女性をターゲットにしたクルマ。要は独身者でリヤシートを頻繁に使うわけではないから、ミラをベースに造った方が目的には合うだろう。 ミラにはスポーティなアヴィがあり、さらにクラシックな雰囲 …

no image

中古車だから改造しやすいという楽しみがある

中古車は安さだけがウリじゃない。あまった予算を改造費にあてる喜びもある。中古車だからできる改造の楽しみがある。思い切ったやつも安いし、購入費といっしよなら支払いも楽。 車高だって最低9センチの高さを残 …

no image

フェラーリ458スパイダー-モーターショーで世界初披露

フェラーリ458スパイダーが、ドイツのフランクフルトモーターショーで世界初披露。ミッド-リアV8エンジンモデルの新しいラインナップである458スパイダーは、フェラーリの技術力を介して行われたハンドリン …

no image

ニューMクラスの室内は最高級セダン

ニューMクラスの室内は、最高級セダンと本格的なSUV特徴を同時に感じることができるように焦点を合わせた。ダッシュボードは、輪郭が柔らかく空間が広く、長距離運転も快適で、シートは長距離走行に快適にする最 …