雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トヨタ・ファンカーゴが人気があったわけ

投稿日:

トヨタファンカーゴは、登場するや大人気となり、あっという間にヴィッツやプラッツを追い抜いて、新車登録トップの座を占めた。トヨタファンカーゴは、全長3860m、全幅1660m、全高1680m、ホイールベース2500m。ボディは5ドアの1・2ボックス。トヨタファンカーゴは、思い切り背が高く、いわゆるミニバンをそのまま小さくしたようなデザイン。

トヨタファンカーゴは、ヴィッツをベースに作られた、小型5人乗りミニバン。トヨタは旧スターレッド、ターゼル/コルサに替えて、ヴィッツを皮切りにこのセグメントに新しい世代のベーシックカーを展開する戦略で、その第2弾がプラッツとこのトヨタファンカーゴであった。

現代の技術で作られているだけあって、トヨタファンカーゴの室内空間は広大である。トヨタファンカーゴは、荷室がフラットになるよう、リアシートを床下に収納できるように作られており、この荷室の広さには驚かされる。

トヨタファンカーゴで感心した部分は、荷室に、人を乗せたままの車椅子が収納でき、しっかり固定して行けるシステムがオプションで採用されていることだ。こうしたことはきわめて大切だと思う。これならトヨタファンカーゴが極力背を高くしているのも、FFレイアウトを採用して床をフラットにしているのも、十分に納得がいく。

トヨタファンカーゴのリアシートは相当広い

重量物は無理としても、相当かさばるものでも積めよう。この種のミニバンで重要なのは、リアシートのスペースが確保されているか否かだが、トヨタファンカーゴのリアシートは相当広く、レッグルームもたっぷり採られている。

かつてのトヨタのこのセグメントの、スターレッドやクーゼル/コルサは、よくできている割には安いというだけのクルマであったが、ヴィッツ同様、トヨタファンカーゴはただの安ブルマではない。

トヨタファンカーゴのエンジンはDOHC、4気筒。トルクがあり、このクルマをけっこう速く走らせる。荷物を載せることを想定して、サスペンションが硬めに設定されているため、さすがに空荷のときは少々硬いが、この種のミニバンとしてはなかなかいい。

トヨタファンカーゴは、これに4速オートマチックトランスミッションが付く。1・5のエンジンはプリウスに載せられているもので、新しいカローラも、おそらくこのエンジンが主力になるのだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車オークションで3分の2~半額で車を買う具体的な方法

普通中古車を購入する場合、中古車販売店で中古車を購入されると思いますが、実は中古車販売店よりも安い価格で中古車を購入できる方法があります。 それは、中古車オークションで中古車を買うという方法で、中古車 …

no image

車の車幅が広いものは日本の道路では最適ではない

日本では年収の25%程度までで日常生活に過不足のないクルマかと言えば、決してそんなことはありません。欧州では、よほどクルマに関心のある人でもなければ、年収の程度までしか費用を出しません。年収600万円 …

no image

イギリス車、フランス車、イタリア車の特徴を紹介

国によってクルマの性格はバラバラ。それらの差を国ごとに解説する。 ・イギリス車 ジャガーは買収されてようやく丈夫になったけど、その前までは、性能もよくないのに修理費だけ高級車。すごいのは室内のインテリ …

no image

低排出ガス認定車に注目するとお得に買える

低排ガス認定車は、最新の排出ガス規制値よりどれだけ有害物質を減らしたかによって、3段階にわけられているが、取得税は段階にかかわらず、一律減税となる。排気ガスによる大気汚染や、二酸化炭素排出による温暖化 …

no image

チャイルドシートは万能タイプが経済的でおすすめ

ー台で乳児用から学童用まで長期間使える万能タイプは、ふつうのものにくらべると少し値段は高いが、つぎつぎに買い替えることを考えると、けっきよくトクになるはずだ。万能タイプなら長期間使えるのがチャイルドシ …