雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トヨタはエセ○○を作るのは上手い

投稿日:

トヨタはエセ○○を作るのは上手い。エセ○○作りをする限りトヨタのニューカーのアイデアは枯渇しない。しかし、本当にそれでいいのだろうか、と語るある専門家。トヨタはBMW3シリーズに目をつけた。そして生れたのがアルテッツァである。

トヨタのアルテッツァといえば、前エンジン後輪駆動のクルマで、かなりの人気になった車である。トヨタはこのアルテッツァに使い旧したストレート6を載せて売りまくった。

後輪駆動のスポーツセダン、アルテッツァは一見、まったく新しいクルマのようだが、実は先に登場したプログレのシャシーコンポーネンツ、エンジンを最大限利用して作られている。

トヨタは、ファミリーカーの系列は、ナディアやガイア、ラウムなど前輪駆動のミニヴァンコンセプトで、スポーティカーは、アリストやこのアルテッツァなど後輪駆動のセダン/クーペでと、はっきりと区分けしたクルマ作りをしている。

1998年にレガシィツーリングワゴンが生れる。スバルはフラット4、4WDというレイアウトでがんばってきた。このレイアウトが認められた。このレガシィの大ヒットでスバルは新しいエンジンを作った。このエンジンはいい、私はスバルのデザインは気に入らないがこのフラット6はいいものだと思っている。日本のクルマで最も魅力的なクルマではないかと思う。

トヨタのアルテッツァは

この時代にホンダはS2000を登場させている。4気筒エンジンは世界最高のスポーツカーユニットだと思う。惜しむらくはS2000のボディデザインで、このクルマがもう少しかっこよかったら、世界中が熱狂したのではなかろうか。S2000はそのレイアウトを見ても魅力的だ。エンジン優先のいかにもホンダらしいスポーツカーだ。

トヨタのアルテッツァは後輪駆動ながら、長めのホイールベースで室内を確保し、同時に前後のオーバーハングを切り詰めて、スポーティに仕立てられており、このあたりはいかにもBMW的な考え方だ。

スポーツセダンとして計画されたアルテッツァは、後輪駆動のプログレのフロアパネルを縮めて作られた。トヨタはアルテッツァをBMW3シリーズの対抗車として、ヨーロッパで売ろうと計画していたのだったようである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

結局任意保険ってどれがおすすめなの?

彼が言ってるのは、アメリカンホームダイレクトや、チューリッヒ、ロンドン保険ロイヤルダイレクトなどの外資系保険会社だろうか。「安くなるって、すごいいっぱいCMでやってるじゃん、外資系の保険。迷わずRって …

no image

ミニバンのほうがワンボックスよりもおすすめされる理由

ワンボックスカーは、安全性が重視されるようになって、運転席が最先端にあることがネックといわれ始め、いまでは人気低落の傾向にある。まるで、ひとつの箱の中にエンジンルームもトランクルームもまとめてしまった …

no image

マツダロードスターの評価-日本が世界に誇る後輪駆動のコンパクトカー

マツダロードスターは、日本が世界に誇る、後輪駆動のコンパクトスポーツカー。クルマ好きには実に魅力的なクルマで、コンパクトなボディは日本の峠道に最適で、後輪駆動だからアクセル操作による挙動のコントロール …

no image

乗用車の車体はモノコック構造

乗用車の車体はモノコック構造。 乗車が完了し正規の乗車姿勢に収まってしまえば、サイド・シルの高さは関係なくなりますが、そこに至るまではサイド・シルの高さは乗降性に悪影響をおよぼしていた。悪路で、足まわ …

no image

超大型フラッグシップセダン「ニューチェアマンW」を公式発表

双竜自動車は、ソウルグランドハイアットホテルで超大型フラッグシップセダン「ニューチェアマンW」を公式発表しました。2008年2月に初めてリリースされたチェアマンWは、20ヶ月の研究期間と280億ウォン …