雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トヨタがデザインの真似をすることへの不安

投稿日:2015年10月9日 更新日:

1999年の東京モーターショウにホンダが出した不夜城をトヨタは全面的にパクった、と語るある専門家。トヨタはひとつのフロアパネルを完成させると、そのバリエーションなら3カ月でできると豪語している。これはすごいことのようにも思えるが、いかんせん懸念も感じるところである。

トヨタのひとつの本質としてマネ体質がある。トヨタは本来マネなどしなくてもオリジナルデザインでいいものが作れる実力がある。しかし、スタイルに関してはマネをする。それはトヨタがクルマの売れる最大の要因はスタイルにあると知っているからなのだが、とにかく売れると見るとすぐマネする。

トヨタはウィークポイントのない会社だが、このマネ体質が命とりにならなければいいがと心配する。ホンダの不夜城はこのトヨタのマーケティングのアンテナに引っかかった。トヨタはこれをbBとして売った。商売ならなんでもやる、しかもそのマネは日本ではホンダ、外国ではメルセデスである。

トヨタクラウンのリアビューはメルセデスそっくりだ。しかし、このことはきっと社内のデザイングループの中には批判的な者もいるだろう。しかし、こと販売に関していえばトヨタはこのクルマをマネるとしたらなにがなんでもやるのだろう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ヴィッツはヨーロッパでも大成功

ところでこの期間にトヨタはヴィッツを出した。ヴィッツはヨーロッパでも大成功でフランス工場では足りず一時は日本から輸出をした。ィッツは美事ヨーロッパで評価を得た。トヨタはこのへんからフロアパネルという概念をとり去っている。

このクルマはフランス工場で作ることははじめから決っていた。もちろんこのヴィッツはどこのどれにも似ていない。デザイナーは日本人ではないが、当時トヨタにいた人である。

フロアパネルは大きな部品だが、フロアパネルを三つに分断しそれをベースとして作る、これは日産が開発したシステムだがトヨタもやっている。このあたりで日本のメーカーはヨーロッパ流のクルマ作りを本当に自分のものにした。

しかし、クルマ作りのコンセプトは依然としてヨーロッパの方が上手い。魅力的なクルマを作ることに関してはやはりヨーロッパは先生なのだと、ある専門家は語った。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の走行距離の寿命はいつ?頑張れば50万キロ走る秘密

車、とくに輸入車において、走行距離と品質とは必ずしも比例関係にはないのだが、市場では、5万キロを越えたクルマは、バッタリ売れなくなるという。中古車の品質の目安に、走行距離を重視する人はいまだに多い。し …

no image

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカーC-X16の賞の受賞

ジャガーのハイブリッドスポーツコンセプトカー「C-X16」が英国の自動車専門誌「ワッカ(What Car?)」の読者が選んだ’2012年発売予定の新車の中で最も魅力的な車(Most Exc …

no image

ブランド意識-高級であれば何でもいいの?

ブランドに身を包んでいるだけで、自分が高級な人種になれたと思えるような人や、ブランド品を買うこと自体が目的で、手に入れたあとは使うこともなく、タンスにしまい込んだままというような女性もいるそうです。い …

no image

車の先進国、欧米は日本にどんな意識を持っているのか

クルマの先進国、欧米のユーザーは、クルマに対してどんな意識を持っているのでしょうか。これは日本車がどのように受け取られてきたかを見ると、その一端がわかります。欧米とひと口に言っても欧州人と米国人はかな …

no image

交通事故で即死してしまったショッキングな事故

クルマに乗って移動する以上、絶対的な安全などありえない。しかも、日本はどんどん危ない国になっているような気がする。ルール、マナーなどこのクルマ社会にはもはやなくなってしまったのかと疑いたくなるぐらいだ …