雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トヨタアルテッツァの評価

投稿日:

トヨタのアルテッツァは、全長4400、全幅1720、全高1410、ホイールベース2670。ごくオーソドックスな4ドアセダンである。トヨタアルテッツァのボディスタイルは、全体にコンパクトに感じさせるもので、ただひたすら大きく立派に見えるようにという、マークⅡのそれとはまったく異なる。これはおおいに評価していい。

このアルテッツの性格上、クーペボディがあってもよかったと思うが、日本ではクーペはなかなか数がはけないという事情がある。ことによったら、そのうち2ドアのクーペ版が出てくるやもしれぬ。

ホイールベースが長く、天井が高いため、室内には余裕があり、マークⅡよりこちらの方がずっと広く感じた。しかし、哀しいかなアルテッツァはフロントマスク、リアエンドのデザインが下手だ。

アルテッツァのひとつのウィークポイントは、インテリードのメーター。腕時計のクロノグラフからアイディアをいただいたんとも子供っぽいし、また安っぽい意匠である。これを見ると、トヨタはここにお金をかけられなかったのだなあとすぐにわかってしまう。

アルテッツァのフロントマスク

アルテッツのフロントマスクは例によって異形へッドランプを使ったものだが、この種のスポーツセダンならば、もうひと工夫あっていい。たとえば、ヨーロッパで売られているカローラは、丸目のへッドランプを使った、素晴らしくカッコいいファストバックボディを与えられており、とても日本で売られているのと同じカローラとは思えない。アルテッツァもこういうデザインが欲しかったところだ。

6速マニュアルボックスと、ティプトロタイプの5速オートマチックトランスミッション、4速オートマチックトランスミッションが組み合わされる。アルテッツァで惜しいのはエンジンが古いことだ。トヨタとしてはエンジンを新しくするタイミングではなかったのだろうが、この古典的な3Sエンジンはスムーズネスという点で、ホンダの新しいエンジンあたりとは比べるべくもない。

腕時計は本来きわめて精緻なものである。その意匠をそのまま拡大したからといって、そのイメージがそのまま生きるわけではない。もし、それを狙うなら、とくに文字盤などを相当丁寧にデザインしてかからないと、うまくいくまい。

車もそれと同じようなもの。車でも、その意匠をそのまま拡大したからといって、そのイメージがそのまま生きるわけではないのである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

日本ではセダンがあまり売れないのは何故なのか?

セダンはなぜ売れないのか?いちばんの理由は、セダンが庶民の生活から遊離してきたことが大きいと思います。缶ビールはケース買いが常識で、趣味の観葉植物、マウンテンバイク、パソコンなど家電製品も、クルマに乗 …

no image

新車なのに事故車という場合がごくまれにあるので注意

新車を購入し、無事に乗りつづけて下取りに出そうと査定を受けると、修理のあとが見つかり、事故を隠しているのではないかと疑われたりする。新車なのに事故車というケースが、まれにだがあるのだ。 こんな車を引き …

no image

ベロスターSRターボをオーストラリアで発表

現代自動車がベロスター高性能モデル「ベロスターSRターボ」をオーストラリアで発表しました。 韓国国内に最初に登場したベロスターターボは、既存のベロスターが持つクーペのハッチバックの空間活用性、新たに高 …

no image

イタリア車メーカーの現在の現状

モノと資本と金融の世界的な自由競争化である。国家も国境もクソ食らえで、金とモノがバンバン動き、英会話とパソコンのできない者は新宿西口ダンボール生活を余儀なくされるというのだから困ったものだ。なんでも市 …

no image

日本の自動車産業の今後

日本が経済面で先進諸国の仲間入りを果たしたのも、莫大な軍事費を費やす必要がなかったことと、自動車産業を柱に、工業が急激な発展を遂げたためです。なかでも自動車業界は現在に至るまで、巨大な外貨と税収を日本 …