雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

登攀技術の習得は読書や一度や二度の講習会で習得は難しい

投稿日:

余裕のある山行では快適さを優先してもそれは個人の自由ですので構わないと思います。個々のノウハウを書く余裕がありませんが、いくつかの原則があります。ひとつは素早くできるようにするということです。たとえば肉や野菜をあらかじめ妙めてペミカン状にしたり、お米はあらかじめ洗っておくなどということです。またテント設営の時の分業や炊事の時の分業などもそうです。最近では乾燥食品や無洗米といった商品もでてきました。

もうひとつは濡らさないことです。これは衣服もそうですし、テントの中や小屋の中もそうです。雪のある時期にはタワシを持ち、靴やザック、衣服に付いた雪を落としてから小屋やテントに入るとか、炊事の時にこぼしたり倒さないようお盆を使用するといったことがこの類です。山の仕事、山の暮らしは登山家でもある高桑信さんが、山で出会った山の人たちや暮らしがどんどん失われていることを目の当たりにし記録されたもので、ゼンマイ採りや炭焼きなど、厳しく美しい日本の山を仕事の場と選び、そこに暮らす人たちを描いた物語です。

やさしい目を持って山を見ることは

このようなやさしい目を持って山を見ることはいわば心のステップアップと言えるでしょう。生活技術が一通りできるようになればいよいよ登攀技術の習得ですが、これは正直に言ってある程度の体力を必要とします。したがって体力に自信のない人は植物や鳥類などの知識をレベルアップしたり、地誌や歴史を学ぶなど登山の奥行きを深くしていくといったステップアップをおすすめします。

年齢の夫婦の方が岩登りを独学で勉強し北鎌尾根から穂高まで縦走したという記録もあるくらいですが、あまり遠回りしている時間はありません。もちろん独学も不可能ではありませんが。登攀技術は読書や一度や二度の講習会で習得できるものではありません。山岳会に入るか、ガイドの個人レッスンや講習会を継続的に受ける必要があります。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

計画を立てる際にリーダーがいたほうが利点が多い

みんなで計画を立てる場合は、発言には責任を持たなくてはならない。口先だけの無責任発言、これもルール違反である。もっと厳しく言えば、ルール違反者は、二度とグループに参加させてはいけない。そうでないと山登 …

no image

山小屋の設備ってどうなっているの?

山小屋は、山という場所もありますが、全体的に必要最小限のサービスができる体制にはなっておりますが、街の民宿などと同じにはしない方がよいでしょう。最近は食事の質もよくなったり、泊り客とのミーティングを開 …

no image

岩場の安全なのぼり方や注意したい点

ご存知のように山は自然の中にあります。岩場があったり、雪が残ってもいるでしょう、いやだ、と思う人もいるかもしれません。そしてまた、特に岩場・クサリ場などでは悲しい事故も発生しています。雪が解ければ突い …

no image

四季の山紀行-美しい高山植物を楽しみに山に登る人もたくさん

四季の山々。高山植物の楽しみ高山の花は美しいものです。高山植物は氷河期の日本の気温が低かった時代の植物が高山で生き残っているもので、学術的にも貴重なものです。したがって気温の低い北海道では礼文島やアポ …

no image

山岳救助要請をするかは天候やパーティーの状況で判断

遭難者を探しに行く場合、荷物が重い場合はその場に置いて必要最低限のものを持ち探しに行きます。人数がいれば現在地を中心としてもと来た道を探します。印をつけながら探します。天気がよい時は木に登ったり見晴ら …