雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

塗料が液だれしないスマイル

投稿日:

ペンキ塗装の場合、汚れが目立ってきたという声を聞きます。色はほとんどが白系なので、なおのこと汚れが気になってしまいます。汚れを取り、きれいにするには、新しく塗り替えるのですが、おもしろい塗料が登場しました。スマイルという名前の塗料です。中性洗剤や消しゴムを使って、ほとんどの汚れが落とせます。特徴は、塗りやすいという点です。水性でたれずに塗れます。

従来は塗料がボタボタたれ、気を使いながら塗るので作業が大変でした。このスマイルはそうした心配がなく、しかも一回塗りで十分きれいになります。鉛筆やボールペン、マジックインクに口紅、クレヨンや色鉛筆によるいたずら書きなど落とせます。塗る手順は、塗らないところにガードするためにマスキングテープを張り、角部分を先にすじかいバケで塗ります。広い面は平らなのでコテバケを使うと、ハケの三~四倍の速さで塗れます。また、この塗料はビニール製の壁紙以外ならほとんどの壁に塗れます。カビ止め剤入りなので、浴室にも塗ることが可能です。

シール・粘着テープのはがし方

両面テープを使ってポスターやフックを取り付けるのは簡単で便利ですが、不要になって取るとき、きれいにはがすのはむずかしいことです。ワッペンやシールなどをはがすときもそうです。壁によっては元どおりにならないものもあります。基本は張るときに、材質を確かめてから何を使えばよいかを決めてから張ったほうがよいでしょう。

剥がす時には、はがし液を塗って、粘着力を弱めてから、下地を傷付けない専用カッター、アピールカッター(セメダイン)を使ってはがすと、簡単にはがすことができます。このカッターは、刃が片刃になっていて、刃にはシリコンオイルが塗ってあり、粘着剤が付かないようになっているものです。アルコールクリーナー、家庭用クリーナーを塗って、しばらくおいて拭き取るときれいになります。ちょっとしたコツとして、へアドライヤーの温風をあてると、粘着剤がはがしやすくなります。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

タンスの肥やし-3年間も着なかった服はこの先も着ないので捨てる

・3年間も着なかった服はこの先も着ない タンスのこやしを、このままにしておいてはダメだ。タンスのこやしはやたらとあるのに、実際に日常着として使っているのは、何点か決まったものであることが多い。こういう …

no image

ボールペンを捨てるタイミングっていつ?

・使いにくいと感じた時が捨てるチャンス 消しゴムだって、小さくなったらころころ転がって使いにくいし、逆に指でこすれて書類が汚れてしまうこともある。ペン立てに何本ものボールペンがあるのに、いざ使おうと思 …

no image

テーブルの下にスライド式のカゴをつける

・テーブルの下にスライド式のカゴ 日本の家庭の場合、ダイニングテーブルといっても、食事以外のときは、書き物をしたり、新聞を読んだり、何か別の用事で使っていることが多い。そこで、いざ食事のときにテープル …

no image

超使える!お盆の収納の賢いやり方

お盆を上手に収納するには、どうすればいいか。お盆は専用スペースを作って立てて収納すると、いつでもお盆を取り出しやすくすっきりしまえる。お盆や寿司桶などの平らで面積のあるものの収納は難しい。何枚かのお盆 …

no image

無地の壁紙クロスの張替えのコツ

・無地の壁紙 表面の層だけがうまくはがれればベスト。壁紙の選択ですが、初心者はなるべく無地のものを。壁に古い壁紙が張られているときは、これをはがします。後に残った紙は新しい壁紙の下地に流用できます。う …