雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

トレッキングの際の行動食の栄養素について

投稿日:

以下栄養素について記します。一日行程の場合の行動食についてはそれほどがんじがらめに考える必要はありません。登山の際の参考にして下さい。

・非常食=日帰り山行でも携行するようにします。食べやすさに付け加えて保存性、携行性に留意して準備しましょう。

・水=栄養素ではないが重要。

行動中に十分摂るように心がけたい。

・ビタミン=エネルギー源にはならないが体の調子を整える。ビタミンBは糖質を分解してエネルギーを作り出す。短期山行ではそれほど問題にならない。カルシウム、鉄分、塩分の補給に留意。

・タンパク質=体を作る。肉類、乳製品、類などに入っている。運動エネルギーよりも体温保持に有効。

・脂質=最もエネルギー効率が高い。油類、肉類などに入っている。腹持ちもよいが吸収されにくい。

・糖質(炭水化物)=消化吸収が早く、エネルギーとしてすぐに働く。脳の唯一の栄養源として重要。余分なものは脂肪として貯えられる。米、麺類、菓子類などに入っている。

あなたはどんな経路で山に入る?

さあ、いざ登山となったら、あなたはどんな経路で山に入るのでしょう。登山口から入り登山口に下りてきます。山の中での特殊性はあるものの街にいた時のその人の生活技術はそのまま出てくるものです。どんな方法で登山口に着いてもいいですが、着いてから気持ちをリラックスさせましょう。朝自宅で起きて電車やバスを乗り継いで登山口に立ちますか?あるいはグループでバスをチャーターして行きますか?それともマイカーで、タクシーで登山口まで行きますか?いろんな行き方がありますね。

自分の体調はどうか、忘れ物はないか、食事は、水は、など身の回りを点検しましょう。気持ちを開放しながらも事故等には十分注意して行動したいものです。気持ちの余裕が大切です。天候にも注意しましょう。もし体調がよくなかったら早めにリーダーおよび同行者に伝えておいた方がいいと思います。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

自然の美しさその魔法の力。これらを失ってほしくない

人は自然から多くのことを学ぶ。詰め込みすぎてボンヤリしている大人の脳とは違い、子どもはまるでスポンジのように、吸収のチャンスを待っている。だからこそ、子ども達と行きたいのだ。ウォルト・ホイットマンは言 …

no image

赤ちゃんや幼児との長期旅行での持ち物

長期旅行のときは、おもちゃも途中で飽きてしまうのは避けられず、食料補給で街に下りるたびに何か買い与えた、とある家族。おもちゃバッグがずっしりしてきたら、不必要なものはまとめて家に送り返す。子連れ宿泊に …

no image

一斗缶を改造して極上のチャーシューを焼く方法

アウトドアで、一斗缶を改造して、極上のチャーシューを焼くことができる。横浜中華街でチャーシューが旨いKという店は、炭火の窯で焼いている。それをヒントに、簡単でKに負けない味のチャーシューができる調理器 …

no image

高山植物は山を特徴づけている

森には、寒冷な気候に適応した針葉樹林、冷涼な気候に適応した落葉樹林、温暖な気候に適応した照葉樹林などがある。生物分布帯ができ上がる理由は、主に気温と雨量によって影響を強く受ける植物が生育しているから。 …

no image

登山のパーティでのリーダーの役割

パーティーには、リーダーが必要ですが、一般的に15人を超えるパーティーでは、チーフリーダーとサブリーダーが必要です。30人を超えたら、パーティーは一つに分けた方が安心です。気心知れた仲良し4人組もあれ …