雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

トレイル-山登りガレ場で体力を消耗しないための足運び

投稿日:

ある家族の話。ハリス家のみんなとハイキングしたときのこと。上からトレイルに沿って流れてくる瀬があり、それを見つけた子ども達はすっかりはりきってその瀬づたいに登っていった。その早いこと、元気なこと。頂上付近はかなりの急登でしかもガレ場。まず娘のペースが落ち始めた。年上の子に影響を受けすぎてしまう、ということがある。幼い子から目を離さず、必要なときには口を出すのも親の義務だ。

ガレ場では、体力を消耗しないための足運びというものがある。それを知らずに手近な岩を片っばしから踏んでいった娘はすっかり疲れてしまった。これを機に、素早く足元を検証するコツ、次のステップの場所、できるだけ石のないフラットな地面に足を置くといった、歩行技術を教えることにした。体力があり、ハイキングし慣れている子どもなら、年齢から2を引いた数字が安全なマイル数とされている。

その子が必要なだけ時間をかけて歩く

その子が必要なだけ、時間をかけて歩く。目的地に着いたら、すぐに暖かい衣類とウインドブレーカーを着せる。これは天気が変わったときも同じ。下山時には、坂の降りかたを子どもに教えよう。自分自身の重ね着も忘れずに。ハリス家の子ども達と娘は、登山口に戻ったあたりで水たまりをバシャバシャ思いきりはねまわり、ずぶ濡れになって遊んだ。危険でさえなければ、ハメをはずさせてあげよう。

汚れまくって遊ぶのは、子ども時代の特権だ。遊びかたまで決められては、アウトドアも単なる親の押しつけなり下がる。ハイキングで、丸1日どしゃ降りに見舞われたことがあった。けれど、クルマのなかにずっといるのも退屈なので、軽く散歩することにした。宿泊先はすぐそこだったから、それもいい。とりあえずクルマのなかで、濡れた衣類を取り替えて、あとはシャワーへ直行だ。娘にはレインギアを着せ、折り畳み式の傘を持たせる。これなら軽量だし十分役にも立つ。今までとは少し雰囲気の違うこのハイキング、娘はたっぶり堪能していたようだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ハナミズキはタマネギ形のつぼみを形成する

ブナのつぼみは、小さな槍に見える。ハナミズキは、タマネギ形のつぼみを形成する。こんなときはルーペが役に立つ。小枝を丹念に調べることができるからである。葉の落ちた跡を薬瓶というが、これがさまざまな顔や生 …

no image

子どもも大きくなれば寝袋を大人用にしたほうがいい

アウトドアでテントを張ったら、子供をシュラフで寝させることもあるだろう。息子のブライスは、寒いとシュラフの奥まで潜ってしまい、酸欠になりはしないかとハラハラさせた。私達は夜中何度も気になって目を覚まし …

no image

今日の反省をし本日の失敗を看に盛り上がり次の計画を立てる

無事、下山し駅前で一杯。山での飲酒はおすすめできませんが、これはおすすめですね。頂上から見たあの山に行きたい、誰それさんが行った山がよかった。この情報が貴重です。さりげなく今日の反省をし、本日の失敗を …

no image

ファミリーサイクリング-ちょっと時間はかかるけど楽しそうな寄り道

ファミリー・サイクリング。ちょっと時間はかかるけど、楽しそうな寄り道には迷わず飛び込みたい。スポーツの種類を問わず、子どもにとってゴール達成は二の次だ。今この瞬間こそを楽しんで生きている。その辺を親が …

no image

中央分水嶺・高島トレイルなどはとっておきのコース

・低山ウォーカーのためのとっておきのコース 二〇〇四年七月に指定された紀伊山地の霊場と参詣道、いわゆる熊野古道。最近、ユネスコの世界文化遺産として登録されたところ、あるいは登録を目指しているところは、 …