雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

トラウマとは英語で外傷という-色々な用語集

投稿日:2014年11月23日 更新日:

・トラウマ(trauma)

トラウマとは英語でガイショー(外傷)のこと。

・トーヤク(投薬)

考えてみれば、薬を投げるとはおかしなコトバだ。病院の窓口では、薬を手渡されるのが普通であり、薬を投げる病院などは見たことがない。薬を出すことを投薬というが、しかし、もしかしたら第二次大戦中の野戦病院では、事情が違っていたかもしれない。患者が動けなくて窓口まで薬を取りに行けないので、患者のところまで薬を投げていた可能性がある。

・ナート(naht)

針や糸で縫うことをドイツ語でナートという。

・ナースステーション(nurse station)

ナースステーションとは看護婦詰所のことで、たいがいは各々の病棟のまん中にある。なお、病院によっては、ナースステーションと言わずに、ナースセンターと呼ぶ場合もある。看護婦(ナース)の駅(ステーション)って何だ?病院のまん前にある駅の駅員が、みんな看護婦なのか?などと言ってはいけない。なぜか、看護婦詰所はあっても医師詰所はない病院が多いので、医者はナースステーションで小さくなってカルテを書いている。

ノイエスとはドイツ語で新しいことという意味

・ノイエス(neues)

具体的にいうと、今まで誰も気付かなかったことを新たに発見したのだ(もちろんまだ仮説にすぎないが)。ノイエスとはドイツ語で新しいことという意味である。ただ、ノイエスがどうのこうのと言っている医者は、患者の治療よりも研究を重視しているので、そういう意味で要注意だ。

・ナルベ(narbe)

癒痕ができる原因は、ケガ(怪我)が多いが、ゲカ(外科)手術による場合もある。キズ跡のことを医学用語で癒痕(はんこん)といい、これをドイツ語でナルベという。さて問題は、癖療が赤くはれてきた場合だ(これをケロイドという)。ナルベはなるべく残さないのが原則なのだ。見た目も悪いので、治療が必要となる。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ナースは忙しいのが好きな人が多い!?

Eさんは看護婦である。子育てでしばらく休んでいたが、ようやくこの春から職場に復帰した。Eさんの勤務先は県立病院の外科外来。昼勤だけなのだが、ここ数年のんびり過ごしてきたせいか、かなり仕事がきついらしい …

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると、過少診療になりがちだという危険性もある。そのため、高齢者の治療ガイドラインだとか標準治療をつくるの …

no image

粘膜投与型の経鼻ワクチンの防御機構

米国で、低温に適応できる生ワクチンが開発され、2003年に国から承認されました。自然感染によってつくられる免疫のメリットを生かすワクチンとして、生ワクチンが開発されました。 生ワクチンは、自然感染のと …

no image

トール様受容体はRNAウイルスの感染を認識する受容体

トール様受容体を欠損したマウスの実験で、トール様受容体がRNAウイルスの感染を認識する受容体であるということが、徐々に明らかになってきました。 また、RIG-Iと呼ばれる分子が発見されました。トール様 …

no image

精神科、心療内科とは?間違いやすい診療科

心療内科とはどんなところなのでしょうか。ストレス病を診療するところが、心療内科なのですが、間違いやすい診療科に神経内科と精神(神経)科とがあります。心療内科とは、ストレス関連病を診断し、治療する診療科 …