雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

トラックドライバーの危険運転-恐ろしいほどの車間距離詰め

投稿日:2014年11月8日 更新日:

パッシングとひと口に言っても、そのパターンは豊富。車間距離をつめて左右に車体を振りながら存在をアピールしたり、ハイビームでバックミラー越しに圧力をかけたり、ごく稀にではあるがクラクションを鳴らす人もいる。高速道路などでよく行なわれる嫌がらせの一種だ。自分の目前を走る自分よりも速度の遅いクルマを、あらゆる手段を使ってどかせようとする。

背後からプレッシャーをかけられるというのは、想像以上に恐怖を感じるものだ。とくに大型のトラックなどにパッシングされると半端じゃなく怖い。たしかに追い越し車練で流れを阻害するような速度で走るドライバーにも問題はあるが、どけどけどけー!と言いながら走っているのと同じことで、けっして品のいい走り方ではなく、高速では出現率がかなり高い。

私も一度やられたことがある。そのときには、本当に冷や汗をかくぐらいびっくりした。大型トラックに、ヘッドライトが見えなくなるほど車間距離をつめられ、なおかつクラクションを鳴らされたのだ。

急ブレーキを踏むような状態になったとしたら

もし私が急ブレーキを踏まなければならないような状態になったとしたら・・。乗用車でも相当なダメージがあるだろうに、ましてやこんなに大きなトラックだったらこっちはぺしゃんこにされてしまうだろう。

車重の重いクルマはそれでなくても制動距離が長いのに、この至近距離では確実に突っ込まれる。後ろから近づいてきているクルマに気がっかなかったことを申し訳なく思いながらも、そこまでしなくてもいいじゃないかという憤りを感じた。高速走行状態であれだけの車間距離を詰めたら、どれだけ危険なのか、トラック運転手のようなプロドライバーなら分かりそうなものなのに、何故分からないのか不思議でしかない出来事だった。

配送で急いでいるのかもしれないが、こういった迷惑行為はやめてもらいたいものだ。近年では異常にスピードを出すトラックは極端に減ってはいるが、それでも今でもスピードを出すトラックはけっこういるので、皆さんも気をつけて欲しい。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

セルシオとベンツの静粛性の争い

ベンツはそんなセルシオの製造方法を半ば馬鹿にして見ていたようです。想定した十分な強度、仕上がりのためには手仕事でなければならないと考えていたためです。ところが、セルシオを研究したベンツは驚きました。セ …

no image

車の保証内容は店によって大きく異なるので注意

保証は、良心的な店ならタグでつけてくれるが、手数料を取る店が大半だ。中古車の場合、購入後の保証内容やその料金は、店によってかなりちがうので、あらかじめさまざまな店で調べておき、保証書のコピーなどをもら …

no image

メルセデスと欧州フォード、ここまで違う価格差

~メルセデスと欧州フォード、ここまで違う価格差~ コンパクトなクルマは排気量の小さなエンジンを積んで装備もシンプル、価格も安い。そのために日本車の価格は、排気量の区分によって明確に分けられる。大雑把に …

no image

車選びのポイントを誰にでもわかりやすく解説

皆さんは、車選びの基準を持っておられますか?車を選ぶ際、マニアックに車で遊んでいるのか、生活必需品として乗りこなしているのかなど、自分を大きく印象づける結果となることを承知で、車選びをしなければいけな …

no image

車が浸水した場合の保険の保証はどうなっているの?

車が浸水すると、水にロックされタイヤの接地力が弱まる現象が発生する。こういうときは、ギアを低単価に入れて静かにアクセルペダルを踏んでグリップを生かさなければならない。アクセルペダルを踏むと、排気ガスの …