雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ホームページ作成

トップページと第1階層などの基本形は確認しておく

投稿日:

・デザインの段階的確認

基本的にはトップページと、第1階層、第2階層のそれぞれ基本形ぐらいは最低限確認しましょう。あとはスケジュールやコンテンツの規模・性質により、どのページまでデザイン確認をするかは異なります。プルダウンやAjaxなど、動きのある部分は図解で説明するか、または複雑なモノでは、最初のデザイン確認の段階で動作部分だけ先に作る場合もあります。

ノートPCなどのローカル環境をクライアントに持ち込んで、その場でプレビューしたり、また直接打ち合わせできない場合は、仮アップサーバを使用して、ネット経由でプレビューすることもあります。印刷物やPDFで確認する場合もありますが、実際の色味がブラウザ表示と変わりやすいので、できればJPEG画像をブラウザ上で展開すると、より本番に近い確認ができます。

コーディング作業に入る前に、ベースとなるデザインは完成していなくてはなりません。初期デザイン案が、完全なWebサイトの状態で提出されることは少なく、まずグラフィックソフトで制作された1枚の画像として確認するケースが一般的です。

デザイナーに渡すべき情報のまとめ

・デザイナーに渡すべき情報のまとめ

通じているつもり、理解してもらったつもりなどの勘違いが起こらないよう、細部にわたって徹底的にコミュニケーションを図りましょう。デザイナーがデザイン作業に取りかかる前に、渡すべき情報を整理しましょう。

・その他業界としての禁じ手、社則の禁止事項など
・プルダウン、F1ash、Ajaxなど仕掛けの仕様ロゴ、写真、本文原稿など、支給できる要素すべて
・サイト名、章タイトルなど、文字数の正確な原稿情報
・確定したサイトマップ
・企画書。とくにビジュアル表現の方向性はシッカリと確認

CMSで作る場合や、F1ashがメインのサイトなど、サイトごとに条件は異なってきます。1つの案件をデザインする際には、必ずデザイナーと綿密な打ち合わせを行いましょう。これらは制作前に、揃えるべき最低限の情報です。

-ホームページ作成

執筆者:

関連記事

no image

デザイン・色彩心理を考える

・色彩単色の性質よりも大事な調和 デザイン上のカラーコーディネートにおいて大切なのは、伝統的な印象よりも調和です。調和の取れた配色は、ユーザーに安心感を与え、好感度が増します。色の持つ個性を踏まえなが …

no image

Webページを公開すればリスクが伴うことをわかっておく

サイトにメールアドレスを公開すると、さまざまなダイレクトメールが届くようになります。これらのダイレクトメールには、「このメールを今後受け取りたくない場合はご連絡ください」などと記載されていることがあり …

no image

サイトの確認-ブラウザチェックなどを行おう

・制作物確認のポイント 入力フォームや条件によって表示内容が変わるページの動作チェックは、なるベく多くの人を巻きこんで、一般の利用者になりきって操作(チェック)してもらうことが必要です。一般の利用者に …

no image

個人情報やプライバシーの問題の対処をしよう

本格的ではなくとも、対策を講じていくことは必要です。現在は、個人情報やプライバシー問題が重要視されるような世の中になってきています。社内対策を考えてみるといいでしょう。 各省庁のガイドラインが記載され …

no image

サイトの背景色を決める際のポイント

色を決める際、以下の点に気を付けましょう。たとえば、同窓会のサイトならばスクールカラー、育児サイトならば柔らかい色調のものというように、そのサイトの雰囲気を決定する色をテーマカラーにします。次に、テー …