雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

すぐに見つかる!特殊医療求人を探せるドクター転職サービスを紹介

投稿日:2016年8月19日 更新日:

特殊医療を行う施設に転職したい場合、求人を探すのは大変です。求人誌を見てもほとんど見ることはありませんし、ネットの求人を見ても、まず見つかることはないと思います。特殊医療を行う施設の求人を見つけたいなら、転職支援サービスを利用して探すしかないと思います。

転職支援サービスであれば、数は多くないものの、特殊医療を行う施設の求人を見つけることはできます。国内の色々な転職支援サービスで探してみても、なかなか特殊医療を行う施設の求人を見つけることはできませんが、エムスリーキャリア医師転職ドットコムであれば、数は少ないものの、複数の特殊医療を行う施設の求人を見つけることができます。

もともと、特殊医療を行う施設の求人自体が少ないので、どんなに一生懸命探しても、見つかりにくいと思います。唯一、エムスリーキャリアや>医師転職ドットコムで見ることはありますが、通常はなかなか見つかりません。

転職支援サービス以外では無理

転職支援サービス以外で探そうと思うと大変です。恐らく、かなり頑張らないと見つからないと思います。求人誌を見ても、ネットの求人を見ても、特殊医療を行う施設の求人を見ることはほとんどありませんから。

また、自分で探す場合、病院のホームページを1つ1つチェックして探すという手もありますが、この方法だと、かなり大変ですし、すぐに見つけたい場合には、見つかる可能性は低いと思います。

恐らく、転職支援サービスを活用しても、簡単には見つからないと思いますが、転職支援サービスに登録しておけば、転職エージェントが、あなたに代わって求人を探してくれますので、特殊医療を行う施設の求人を探してほしいとお願いをしておけば、見つけてきてくれるでしょう。

転職支援サービスは、無料で登録できますので、とりあえず登録だけして、求人が見つかるまで待っておけばいいと思います。求人を探してもらうのも無料でやってくれますので、何もしないで、お金も一切かけないで、探してもらえます。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

小児科のドクターが転職したいと思ったら知っておくべきサイト

小児科学会に登録しているドクターの数は20000人ほどだそうですが、その20000人のうち、女医さんの割合がかなり多く、全体の35パーセントから40パーセントもいるそうです。女医さんの人数を考えると、 …

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実に事細かに記されています。〇月〇日、午前6時、術後3日目、顔色やや蒼白、痛みの訴えあり、頓服の鎮痛剤 …

no image

医師転職活動をして他の人にバレたくない場合に使うべきサービス

職場の人間関係が嫌になったり、仕事がきつい、給料が安いなどの、色々な理由で、勤めている病院を辞めたいと考えておられる先生は多いと思います。しかし、実際に辞めようと思って行動に移すとなると、勇気がいりま …

no image

アメリカではベッドの数に対して二倍以上の看護師がいるが

従来の最高レベルとされた看護師二人に対し患者一人(一対一入院基本科)の病院は一万二六九円。三人対一人(一五対一入院基本料)のものでは九五四円だから、スタッフが多いほど、病院の収入を多くするという傾斜を …

no image

教授に評価され研究をやめさせられる医局員の悲劇

研究の評価は実に難しく、専門分野が違ってくると一人の主任教授では判断できなくなってくる。例えば、腎臓が専門の主任教授に、呼吸器の研究を判断させるほうが無理である。しかし、いまのようにいろいろな診療科目 …