雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

床屋の白衣が招いたある誤解

投稿日:2015年5月22日 更新日:

ある理髪店では、順番待ちをしている人たちがいた。しかし、突然、「これはたいへん」と店主のAさんは店を妻に任せ、急いで隣にある市立病院へ客を担ぎ込んだ。患者はさっそく外科に運ばれ、診断の結果、急性虫垂炎と判明した。何と、理髪店で順番待ちをしていた1人の客が、突然椅子から崩れ落ちたのだった。見れば顔には脂汗がにじみ、腹を押さえてウンウンうなっているのだ。

そして、ロビーに出て家族が来るのを待っていると、そこを通りかかった店の常連のB医師、Aさんを見つけて側に寄ってきた。Aさんのほうもなじみの先生にホッとして、大騒ぎのいきさつを話し始めた。腹膜炎も併発していたので、そのまま緊急手術をすることになった。親切なAさんは、手術室の入口までつき添ったり、患者の家族に連絡をとったりと、忙しく立ち働いた。すると、病院正面から患者の家族がロビーの中へと走りこんでくるのが見えた。

2人はお互いの服装を眺め顔を見合わせて苦笑

「先生、うちの人の具合、どうなんでしょうか?」「大丈夫なんですか?」彼女の視線は、明らかにAさんに向いている。「こちらですよ」とAさんが手を振ると、患者の奥サマ、近くに寄って深々と一礼し、おずおずと尋ねた。Aさんが「違います」と言う間も与えず、彼女は隣にいるBさんに向かって、おもむろに声をかけた。「このたびは、いろいろご親切にありがとうございました」。

Aさんは、そのときにやっと自分の姿に気づいた。2人はお互いの服装を眺め、顔を見合わせて苦笑した。夢中で駆けこんできたので、床屋の白衣のままだったのだ。逆にB医師はといえば、当直明けの私服姿である。見た目には、床屋の白衣は見分けがつかないようだ。これでは、仕事を間違えられてもしかたがない。「なるほど、要するに白衣を着れば、だれでも医者に見えるってわけだな」医者に見間違えられたAさん、まんざらでもなかったのか、以後、B医師が理髪店に来るたびに、ひとりニヤリとするという。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

パーキンソン病の症状や原因、治療法について

パーキンソン病は、脳の神経細胞が減少し、ドーパミンという物質が少なくなってしまうことにより起こってしまう病気です。 ドーパミンは、体の運動に作用する物質で、ドーパミンが減少することにより、体の動きに異 …

no image

知っておきたい!認定施設求人が見つかる医師転職サービス

病院のホームページなどを見ていますと、認定施設であることをアピールしているのをよく見かけます。認定を受けているのと受けていないのでは、大きな違いがあるようですが、そんな学会の認定を受けている施設へ転職 …

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、すぐに心配ない容体に戻るから、あまり心配はいりませんよ、という意味が何となく読み取れます。一時的にそのような状態 …

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代にいかに情報を集めるかで、将来が決まると言っていい。 研修医は自由にを経てから、行きたい医局に入ったり …

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごとや何かを修得させるために、指導や指導者という言葉を使うのならまだしも、それを医療レベルに持ち込んで、 …