雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

溶け合う愛の願望

投稿日:

二世紀のアメリカの詩人イヴォール・ウィンターズは「跡を継ぐ者に望む、わたしたちをひとつの壺に封印してくれと二度と帰ることのない、ひとつの魂として」そしてミルトンは失楽園のなかで、イヴにたいするアダムの言葉でそれを完璧に表現している。「ぼくらはふたりでひとりひとつの肉体きみを失うことは、自分を失うことだ」。

愛する人と溶け合いたいというこの願望は、世界中の文学に浸透している。六世紀に活躍した古代ローマの詩人パウルス・シレンティアリウスは書いている。「唇を固く合わせた恋人たちが横たわる狂乱したように、どこまでも湯望するどちらも相手のなかに入りこんでしまいたいとばかりに」。

哲学者ロバート・ソロモンは、この強烈な願望こそが、恋する人間に「愛している」といわせるおもな理由だと考えている。これは事実を宣言しているのではなく、確認を求めているのだという。恋する人間は、「ぼくもわたしも愛している」という相手の返事を期待しているのだ。愛する人との感情的な一致を求める気持ちが強いあまり、恋に落ちた人間にしてみれば自分自身との境界線がぼやけてしまうこともある、と心理学者たちは考えている。

手がかりを見つけようとする

イギリスの詩人ロバート・グレーヴズが書いているように。「ノックに耳をそばだて、合図をいまかと待っている」。その人の行動を子細に分析し、自分のことをどう思っているのか、手がかりを見つけようとすると答えている。

フロイトもいっている。「恋愛状態がピークに達すると、自我と対象の境界線が消える恐れがある」。小説家ジョイス・キャロル・オーツは、至福の融合というこの感情をあざやかにとらえた。「彼らがいきなりこちらを向けば、こちらは引き下がる、かすかに震えるわたしたちはふたりの人間に引き裂かれてしまうのだろうか?」。相手も自分を想ってくれているのかどうかわからないと、人は相手の一挙手一投にいちいち過敏に反応してしまう。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

困った人が必ずしも嫌われるわけではない

「フーテンの寅さん」はどうして人気があるのか。第一に、天衣無縫で傍若無人でわがままなのだが、その傍若無人さが、みんながそうなってみたい願望を満たす分身の役目を果たすからだ。第二に、寅さんの間の抜けたと …

no image

シゾイド心理は孤独

回避心理と区別しなければならない心理はシゾイド心理である。シゾイド傾向の持ち主。シゾイドの人も、苦手な場面を避けたり、そこに行かなかったりする。また、人づき合いも好まない傾向の人がいる。周りから見ると …

no image

過去の裏切られた憎しみを叩きつけてしまった

私は過去の裏切られた憎しみを、今、C子に叩きつけてしまった。そんな復讐している実感とともに、もうこれでさっぱりして、ついにs男としてC子と結ばれる日が実現するのだという気がしてきた。私のいったことが客 …

no image

自己超越の体験などに見る完全な静寂

西洋の、キリスト教的背景をもつ自己超越の体験。たとえばウイリアム・ジェームスの著作に引用されているスターバックの手記においては、次のようなことが記されています。魂が無限者の中に展開し、内外の両世界が一 …

no image

自己愛傾向尺度と特徴

自己愛傾向の特徴。それは、自分の心の中の理想自己の実現にしか関心がないために、自分本位の一人合点、自分に都合のよい思い込みといった性格傾向が顕著なことである。「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの …