雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

都会の人ってやっぱり冷たいの?

投稿日:

都心周辺に住む人が、国内を北や南へ旅すると、よく感動して帰ってきます。景色の素晴らしさはもちろんですが、それ以上に人との出逢いにこころを打たれるようです。人間っていいなあ。どんな時にも話しあいが大切だ。冷たい街、というイメージで見られがちな東京にはまだまだ健在です。ただ、発見するチャンスが少ないだけなのです。

都会には優しさがエンプティー状態なのでしょうか。いいえ、そうは思いません。優しさは人の数だけ存在しています。ただ、持ち主がそれを表現していないだけです。そのため、宛名不明の郵便物のように相手に届かないのです。それは、過去のどこかで、誰かに優しくされなかったことが原因で、優しさに対して臆病になったり不信感を抱いたりしているからだと思います。

道や駅で気さくに声をかけてくれること。こちらのリアクションに関係なく温かく接してくれること。どちらも東京では体験できないと感じるのでしょう。あなたも旅の帰り道は、ハートに優しさが充電され、全身が潤い、さあ、やるぞ、と元気回復するはずです。ところが都会に身を置くと、またまた優しさに飢える毎日が始まります。

通りすがりの人に何かを尋ねる時

東京では、駅や道で通りすがりの人に何かを尋ねる時、ぶっきら棒な口調の場合が多いと思いませんか。「あのウ、ちょっとお尋ねします」という一行がカットされ、「銀座四丁目はどっちですか?」「高尾へ行く電車に乗りたいんだけど」と尋ね、「ありがとう」とも言わずに行ってしまう。そうした荒っぽさがまかり通り、こちらがていねいに振る舞うとかえって浮いて見えるから、あえてサバサバした言動をするのだという声もあります。

今日から明日へとせかせか急いでいる人たち。空を見上げる余裕もなく、時計に追われて電車やエレベーターに飛び乗る生活。それではこころの中の優しさが、外に向かって表現されるチャンスがありません。こんな世の中で、あなたは誰かから優しくされることを待っていませんか?優しい人に出逢える日を夢みていませんか?そこに問題のカギがあります。優しさは貰うものではないから、待っていてもダメなのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

スピーチのプロでもあがるのに練習しないのはありえない

あなたはどこに問題があると思っていますか。人間はいろいろな面で不安感があると動こうとしないものです。「どうすればいいのか」という心理的な不安があると、行動に移せない。一番いいのは、その道の専門家の直接 …

no image

自分の盲点をつかむ

自分の盲点をつかむ。多く読む自分が体験することには限りがあります。読むことでこれらをカバーでき、より深く広いさまざまな世界を知ることができます。書いてみる。書いてみると自分のあいまいさがよくわかるもの …

no image

緊張であがってしまう現象はいつから?

誰でもあがることはある。あがってしまうので話せない。あがっているのは次のような点でわかります。 ・顔が青くなる。 ・大きな貧乏ゆすりをする。 ・これからやろうとする話や歌の練習をするが、はじめの部分だ …

no image

緊張を物理的に和らげる方法

緊張するのを抑える方法はありません。経験、年の功、図太い性格など、まったく個人個人の持ち味にたよるほかはありません。しいていえば、自分があがっているなと自分で感ずることぐらいなものでしょう。自分を平常 …

no image

実物大の自分を受け入れること

九二年夏にメガ・ヒットした映画『美女と野獣』は忘れられません。ディズニー・アニメーションに大変化が現れたからです。画期的なニュー・ヒロインの登場でした。彼女の名前はベル。ベルは本を読むのが大好き。想像 …