雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

トイレの床の黒ずみなどの掃除方法

投稿日:

・トイレの床(クッションフロア)

マットを敷いている場合は、週に一度は洗濯しましょう。ヒビもはがれも早めに補修をモルタルの外壁は、ヒビが入ったり、一部がはがれたりしやすいもの。放置すると、ここから雨水が入り込み建物に悪い影響を与えます。また、傷みは広がりやすいので、すぐに補修しましょう。

ヒビの補修はチューブ入りの水性アクリル系の充てん剤で行います。掃除機で髪の毛などを吸った後、固く絞ったぞうきんに住居用洗剤を付けてふき、さらに湯ぶきします。凸凹があるものは、溝の汚れを古歯ブラシでかき出して取ります。はがれた場所は、木ゾチなどで周囲をたたいて浮ないか調べ、浮いている部分はタガネなどでモルタルをはがしておきます。

モルタルをコテで塗り込んでいきます

下地を十分湿らせたら、モルタルをコテで塗り込んでいきます。最後にタワシなどで表面をたたいて周囲と同じように凸凹を付けて、乾燥させます。ヒビはブラシなどでヒビとその周囲のゴミや汚れをきれいに取ります。次にチューブをヒビにあてがって充てん剤を出し、ヒビを埋めていきます。最後はヘラかスプーンで充てん剤を奥まで押し込み、水でぬらしたボロ布などで表面をならして完了です。はがれは、新たにモルタルを塗ることになります。モルタルは家庭用セメントに水を足し、よく練って作ります。

・トイレ・便器

トイレ便器は、週に一度は掃除をします。使用後の汚れは柄付きのブラシなどで、すぐ取って洗い流しておくことが第一です。ロータンクのパイプなどの金具はサビを防ぐため、まめにからぶきしましょう。ロータンクは、特に結露しやすい冬季など、ついた水満をすぐにふき取るようにします。住居用洗剤で、水の出る周囲や便器の内側など汚れやすいところを重点的に。洋式の場合ふたや便座も忘れずに。細かいところは、古歯ブラシや綿棒が活躍します。しつこい汚れについてはしっかりと除去しましょう。また、便器の黒ずみがひどい時には、サンドペーパーでこすって落としましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

包丁まな板の除菌や衛生面などの注意点

菜ばしの収納場所は、調理台の引き出しや、菜ばし立てなどが多いようです。ぬれたまましまうと、傷みが早くなります。水気はよくふき取ってから、しまいましょう。汚れがこびりついていると、コゲや変色を引き起こし …

no image

使わない食器の収納方法ってある?

・使わない食器はラップでくるむ 箱にしまい込んでおくのも面倒なものだが、棚のなかではかなりのスペースを占領している。お客さまがあったときの料理を取り分ける小皿セット、冬にしか登場しないちり蒸し用蓋付き …

no image

人気アイテムは売るより委託しよう

・人気アイテムは売るより委託しよう 定番のものは確実に処分できるし、人気のラインだったら価格も高くなる。そんな確実に売れそうな手持ち品の処分なら、リサイクルショップに売ってしまうより、委託販売を依頼し …

no image

衣類の寿命を見分けるには?

コーディネイトができなくても、実際に着ているのなら、もちろん寿命未満。ところが、コーディネイトできないことを言いわけにしまいっばなしにしているだけなら、その衣類に対して失礼です。この場合は、もう寿命と …

no image

部屋の片付けは必要なものを使いやすいようにするとよい

部屋の片付けは必要なものを使いやすいようにするとよい。 整理・整頓は、モノを取捨選択するだけでなく、必要なモノを使いやすいように片づけ、不要なモノを処分するところまで終えて、はじめて完了します。途中で …