雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

トイレの床の黒ずみなどの掃除方法

投稿日:

・トイレの床(クッションフロア)

マットを敷いている場合は、週に一度は洗濯しましょう。ヒビもはがれも早めに補修をモルタルの外壁は、ヒビが入ったり、一部がはがれたりしやすいもの。放置すると、ここから雨水が入り込み建物に悪い影響を与えます。また、傷みは広がりやすいので、すぐに補修しましょう。

ヒビの補修はチューブ入りの水性アクリル系の充てん剤で行います。掃除機で髪の毛などを吸った後、固く絞ったぞうきんに住居用洗剤を付けてふき、さらに湯ぶきします。凸凹があるものは、溝の汚れを古歯ブラシでかき出して取ります。はがれた場所は、木ゾチなどで周囲をたたいて浮ないか調べ、浮いている部分はタガネなどでモルタルをはがしておきます。

モルタルをコテで塗り込んでいきます

下地を十分湿らせたら、モルタルをコテで塗り込んでいきます。最後にタワシなどで表面をたたいて周囲と同じように凸凹を付けて、乾燥させます。ヒビはブラシなどでヒビとその周囲のゴミや汚れをきれいに取ります。次にチューブをヒビにあてがって充てん剤を出し、ヒビを埋めていきます。最後はヘラかスプーンで充てん剤を奥まで押し込み、水でぬらしたボロ布などで表面をならして完了です。はがれは、新たにモルタルを塗ることになります。モルタルは家庭用セメントに水を足し、よく練って作ります。

・トイレ・便器

トイレ便器は、週に一度は掃除をします。使用後の汚れは柄付きのブラシなどで、すぐ取って洗い流しておくことが第一です。ロータンクのパイプなどの金具はサビを防ぐため、まめにからぶきしましょう。ロータンクは、特に結露しやすい冬季など、ついた水満をすぐにふき取るようにします。住居用洗剤で、水の出る周囲や便器の内側など汚れやすいところを重点的に。洋式の場合ふたや便座も忘れずに。細かいところは、古歯ブラシや綿棒が活躍します。しつこい汚れについてはしっかりと除去しましょう。また、便器の黒ずみがひどい時には、サンドペーパーでこすって落としましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

はめ込まれた郵便箱を外して交換するには?

・新しいものと交換できますか。ブロック堀に鉄製の郵便箱がはめこんでありますが、すっかり腐食してしまい、使えません。 新しい郵便箱は、できればステンレス製、それも18:8ステンレスという材質のものであれ …

no image

西洋アンティーク家具との出会い

西洋アンティーク家具との出会い。 昔、日本で流行っていたのは、パインの家具だった。女性誌では、白い部屋に大ぶりな無拓板のテーブルがおきまり。しかし、英国に行ってみると、そんな家具はあくまでもカントリー …

no image

めんどくさがり屋さんは片付けられない

めんどくさがり屋さんは片付けられない。 整理・整頓のさまたげとなる性格。自分の弱点が分かれば、整理・整頓の秘誌も見えてくるはず。引き出しの奥に何か引っかかってるなあ。でも、開かないわけじゃないから、奥 …

no image

大理石の表札の取れない取り付け方法

・門柱に大理石の表札をつけたいのですが、とれないようにつける方法を教えて下さい。ブロックで門柱と堀ができています。 ブロック面に大理石の表札ですと、一般的には、タイル・コンクリート用(コンクリボンド、 …

no image

襖は使われている下地材により種類が分けられる

ふすまは、使われている下地材によって種類が分けられています。俗に本ぶすまと呼ばれているものは、昔からの構造で作られており、現在でも代表的なふすまです。 ぜひ覚えてほしいのが、ふすまの張替え。張り方のこ …