雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

トイレにされた郵便ポスト-勘違いから起こった出来事

投稿日:2017年8月13日 更新日:

トイレにされた郵便ポスト-勘違いから起こった出来事

電柱ならまだしも、郵便ポストの口めがずて放尿することは、さすがに酔っぱらいでもしない。ところが、明治の初めにはボストに放尿する人がたくさんいたというから驚きだ。

日本で郵便ポストが最初に設置されたのは郵便制度がスタートしたときで、明治4年のことである。設置されたのは東京、大阪、京都の三都市と東海道の宿駅だった。書状集箱と呼ばれたこれらのポスト、そのヒントは江戸時代の目安箱にあるようである。

東京など三都市のものは

東京など三都市のものは

東京など三都市のものは一本柱の上に屋根つきの箱、宿駅のものは二本柱の上に箱で、白木造りだった。ところが、こわれやすかったためか、この白木の箱の評判はいまひとつ。そこで翌明治5年、イギリスのボストをまねて鉄製の黒いポストに変更された。

この丈夫な黒ポストには白字で郵便函と書かれていたが、当時はその意味がよくわからない人もいたようで、この箱を見て小便箱と誤まり、箱中に放尿する者もあり、かえる蛙を投込むなど、種々の迷惑を、と、明治事物起源にはある。

どうやら、郵便函を、垂便函と読んでしまったようだ。それにしてもこの箱、用をたすにはさぞかし高かったろうが、それにもめげずしてしまうとは、困った人もいたものである。

郵便ポストの歴史

郵便ポストの歴史

日本で郵便制度が始まった明治4(1871)年に、日本で最初のポストも誕生しました。脚付の台に四角い箱をのせた木製ポストでした。

明治5(1872)年になると郵便が全国に実施されたため、郵便局(当時は郵便取扱所)の数もぐんと増え、それにあわせてたくさんのポストが必要になりました。

俵谷式ポスト

その後、明治34年(1901年)、俵谷高七氏(山口県下関市)が赤色・鋳鉄製の二重構造・円筒形のいわゆる「俵谷式ポスト」考案し、これが現代の郵便ポストの原形といわれています。

昔の郵便ポストは味がある形でしたが、現在のポストは四角い鉄の塊と入った感じですね。まあ、今のポストのほうが断然利用しやすいですが。

-雑学

執筆者:

関連記事

サイコロは、もともとはご神託を受ける祭具

日の丸の国旗の上に金の玉がある理由はなに?

日の丸の上に金の玉がある理由はなにか?国旗が掲げられたとき、日の丸ばっかりに気をとられて、つい見落としがちなのが旗竿の最頂部にくっついている金の玉。あれは何を意味するのか。 当初は、それぞれ勝手に白地 …

アンネの日記は

たばこの価格が値下げされないのは何故?

たばこの価格が値下げされないのは何故だろうか?たばこの小売価格は400円程度まで上がっていますが、20本入りのたばこ1箱にかかる税金は200円程度です。これに生産・流通コストや銘柄ごとのイメージを考慮 …

電車はいつどうやって掃除しているのか?

電車はいつどうやって掃除しているのか? 昔は、終電が終わった後、清掃係の人が床や窓、吊り革などを磨いていた。毎日、電車が運行を終えたあと、一生懸命掃除していた。 電車はかなりの大きさだから、掃除するの …

アンネの日記は

リウマチのルノアールはどうやって絵を描いた?

リウマチのルノアールはどうやって絵を描いたのか。ルノアールはフランスを代表する画家の一人で、印象派の代表者の一人である。明るく甘美な色調で、子供、花、豊満な裸婦などを描いた。彼はリモージュで仕立て屋の …

市販の目薬は遮光袋に入っていない

ホタテガイの他の貝が真似できない変わった泳ぎ方とは?

ホタテガイの変わった泳ぎ ホタテガイの他の貝が真似できない変わった泳ぎ方があるようだ。ホタテガイはイタヤガイ科の二枚貝で、樺太・千島・北海道・青森などの冷水海に生息する。南限は千葉県という重要海産物だ …