雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

トイレトレーニングの進め方-アウトドアで実践したい方法

投稿日:

小さな子供とのアウトドア。おまるを持っていけないバックカントリーではどうするか。健全なアウトドア・トイレの常識を、親であるあなたが教えることになる。小さな女の子は簡単にはいかない。しっかりパンツをおさえてしゃがみ、何も濡らさないように、というのは大変だ。ウェアの替えがたくさんある自宅で練習しておこう。男の子達はおしっこなら何の問題もない。トイレにできるなら地面にだってできる。

あとは、エコロジーに配慮した場所を教えるだけでいい。トレイルでは、腸の動きもなかなか思い通りになってくれない。幼児はしゃがみ込んでうんちをするのが苦手で、便秘していなくても時間がかかる。とくに女の子達はもう少し大きくならないとこれができない。女の子は何枚も重ね着しているときは、押さえるのを手伝ってあげよう。うまくできるようになるまで時間がかかるうえ、それでも濡れてしまうことはある。アウトドアで元気に遊んでいるときは、多量の食物繊維と水分をとるから、お通じも安定する。

クルマに長時間座りずめだと便秘を起こしやすい

ただし、ふだんとは違う食べ物を多用したり、クルマに長時間座りずめだと便秘を起こしやすい。かかりっけの小児科医に相談して対策を立てよう。なんとか丸太を探してその上に座らせ、片側に穴を掘る。両脚を一方にぶら下げ、反にお尻を突き出す。樹皮がスムーズな倒木がべストだが、探す時間がないこともある。まわりに何もないときは、トッドが娘を腕で抱えて穴の上にしゃがみ、出るまでがんばる。

できるだけ穴掘りも穴埋めも本人に手伝わせ、土をしっかり足で踏み固めて石をのせるところまで参加させる。雨でも降ろうものなら、傘に守られて延々丸太に座り続けることもある。雨天でしかも丸太が見つからないときは、トッドが彼女をかかえ、傘を差しかける。こうすれば子どもにもバックカントリーでの正しい排池物処理が身につくはずだ。アウトドアの時にもしっかりとできるようにトレーニングしよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはカヌー

水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはカヌー。 2歳のマイク・バーラ少年にとって、アイダホのスネーク・リバーは忘れられない体験だった。水中に見た巨大なマス、水辺でくつろぐバッファロー達。ハイキン …

no image

カヌーシーズンまっ盛りの夏

カヌーシーズンまっ盛りの夏。 自前のカヌーがない人は、レンタルに走ろう。シーズンまっ盛りの夏、人気のある湖や川は多くの人出だ。子どもというのは、パシャパシャやっているなと思ったら次の瞬間にはもうすっか …

no image

一人登山があまりおすすめできない理由

一人で登ることを単独行と言いますが、このように単独行には素晴らしさと危険が同時に存在しています。しかし、この危険を独力で克服した時の快感は素晴らしく、より困難を求めて単独行をする登山家もたくさんいます …

no image

春山の魅力-小鳥たちのさえずりの季節

夜間、谷間での思いがけない寒さは悪天候の前兆夜になると谷間では、山谷風の関係で、山風が吹き下りてきて、やや寒くなるのがふつうである。夜には星が出ていても、明け方から谷間は霧に包まれて視界はまったく利か …

no image

アパラチアントレイル・カンファレンスの安全ガイドライン

服装について。以前、10代の少女ばかりのグループに山で出くわしたときは驚いた。袖を切り取って脇が丸見えのTシャツを、ブラなしで着ているのだ。見るつもりはなくても、裸の胸は見えてしまう。本人達が気づいて …