雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

父親か母親のどちらの話し方に自分は似ているのか?

投稿日:

自分の話し方が父親に似ているか母親に似ているかは、自分ではなかなか明確にはわからないものです。兄弟姉妹でも見当がつかないことがありますが、他人が聞くとよくわかります。自分の話し方がどちらに似ているかを知り、育った時代や家庭の状況、環境などをさかのぼって考えてみるのも面白いものです。赤の他人でも、話し方が似ている人は性格も似ているものです。

表面にあらわれる性格は一見違っているようでも、本質的なものにはかなり共通している部分があるものです。顔が似ているよりも、話し方が似ていることのほうが、性格的に相通じたところがあるというのは、顔は骨格という先天的なものに、生活の程度や環境によって違う肉をつけたもので、好むと好まざるとにかかわらず、すでに与えられたものです。

面白いことに、たとえば女の子が三人つづいて、四人目に男の子が生まれたり、あるいはこの逆の場合、つまり同性がふたり以上あって、次に違った性の子が生まれた場合は、その子が男であれば父親、女であれば母親の影響が突然あらわれることが、ある調査で出ています。

子供の性格が母親によく似ている場合

恐らくこれは男が生まれると、父親が大きな興味をもって育て、女の子の場合は母親がより大きな愛情をもつので、こうした結果が出てくるものと思われます。ところが、話し方になると、母親の影響が、父親より、やや、まさっています。ことに子供の性格が母親によく似ている場合には、よりはっきりしています。

これにひきかえ、声帯こそ与えられたものですが、話し方は親の影響、教育、環境、物の考え方など、内的精神的理由によって肉づけされるので、個性的な一致点が見られるわけです。そのためにも、小さい子供に接する時間の多い母親の話し方は、言語を通じての子供の人格形成に多大の影響を及ぼすことを統計資料は警告しています。こういったことは、普通に生活していて意識したことはないかもしれませんが、こういった事実があることは覚えておいて下さい。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

ユーモアを磨く方法は独創性にあり

ユーモアを磨く方法は独創性にあり。 日常生活の基本的な精神が欧米のそれと肩を並べた時、日本人にもすぐれたユーモアが培われることでしょう。今は無理をして言葉だけのユーモアを真似しないことです。それよりも …

no image

お世辞をよく言う日本人の習性

日本人は習慣として口で謝意を表したり、賞めたりすることが非常に不得手です。人から贈り物をもらうと、すぐその裏の意味を考えてしまったり、お返しの品物の金額を計算してしまうのです。お世辞なんて言わないほう …

no image

聴覚が不自由なことを決して嘆かずむしろ誇りを持った人達

それは放浪者の生活を追った、フランス生まれのドキュメンタリー。一九九五年の夏、映画『音のない世界で』と出逢った時、生まれて初めて、カルチャー・ショックというものを体験しました。彼らは聴覚が不自由なこと …

no image

最初に立てたメンタルモデルとの関連をチェックする

情報と、最初に立てたメンタルモデルとの関連をチェック。たとえば「次の話はテニスと関連があるのだろうか」と思うのです。関連なし。次の情報が、最初に立てたメンタルモデルと関連がないと判断されたら、処理は行 …

no image

笑いでごまかすクセがあった人の変化

エラーは得点ですハートを鍛えるためには、時々ケガをすることも大切です。ある話し方教室の会話クラスに参加していた人の話です。私の中にはいろんな考えがあるし感情もあるのに、それを表現できないから、何も考え …