雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

服従知能の低い犬の傾向

投稿日:

作業・服従知能の程度が最も低く、最もむずかしいと判断された犬種。これらの犬種では基本的な作業を教えるために一〇〇回以上くり返すのは珍しくなく、何度も訓練し直してやっとなんとかこなせるようになる。これらの犬種は最初の訓練で三〇回から四〇回くり返して、やっと自分になにかが期待されているらしいと気づき始める。その場合も、彼らの行動はのろのろしていて不安定である。審査員の何人かは、これらの犬種の中には、ほぼ訓練不可能なものもいると指摘した。

一度学習しても、練習は何度もくり返しおこなう必要がある。さもないと訓練したことが消えてしまい、犬はまるでその課題をぜんぜん習っていないかのように行動する。いったん学習が習慣化されても、これらの犬種は相変わらず予測不可能な反応で誤ちをおかす。彼らが一回の号令で反応する率は二五%以下である。また、別の審査員は、問題は平均的なハンドラーでは最初の学習行程と練習を充分長く続けられないため、その行動が永続的な習慣になりにくい点にあると指摘している。

自分のやるべきことに自信がない

反応を示す場合もひどくのろのろしていて、自分のやるべきことに自信がない、あるいは不倫快だとでも言いたげである。ときにはまるで指令をわざと無視するか、飼い主の権限に反抗するかのようにハンドラーに背を向けてしまう。犬の中には引き綱をつけているときはまあまあ言うことを聞くが、綱を放したら信用できないというものもいる。すべての犬種の中で、最も有能で経験豊かなハンドラーを必要とする。

非常に有能な訓練士でさえ、これらの犬を訓練するときは自分たちの能力が試されている気がするのではなかろうか。ふつうの飼い主は、これらの犬種のいかにも気ままで手に負えない行動に、たちまちうんざりすることだろう。ただし、ハンドラーと犬の最終的な作業・服従行動とのあいだに強い結びつきがあることを忘れてはならない。それは、むずかしい犬種の場合ほど顕著に表れるという。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

飼い主とペットの絆、共生の理念に立ち

ペット共生社会の理念に立ち、「飼い主とペット」と「ペット嫌いの来訪者および近隣住民」との共生をめざして開発、二〇〇〇年秋に発売した戸建て住宅があります。この住宅は、ペット飼育世帯と非飼育世帯の両方を対 …

no image

犬の経験値が脳の機能と構造におよぼす影響

人の食べ残しで育てられる犬は多い。成犬ならそれでも充分生きてゆけるだろう(最高の健康体は期待できないかもしれないが)。しかし、子犬にはおそらく充分とはいえまい。栄養素が脳の機能に影響を与えることはすぐ …

no image

動物好きでかわいいと思っていたペットを失ったときの悲しみより

スタビーの飼い主、十三歳のデラ・ショウが生まれつき脚と口が不自由だったという事実とあいまって、犬の帰還はとりわけ胸を打った。国際通信社は、インディアナとイリノイの州境からコロラド州コロラドスプリングス …

no image

犬によって知能に差があるか調べる実験

はたして、犬種によって知能にちがいはあるのか?この疑問を解くためには、研究室でくり返し系統的な研究をおこない、この点について多くの犬種を比較することが肝心であり、犬種それぞれの相対的な知能を結論づける …

no image

犬が歯をむき出しにしてうなりだしたら危険

見知らぬ人の訪問や、ほかの動物と出会ったときなどに、犬は怒る(威藤する)ことがあります。それは、自分の身の危険を感じたり、テリトリーが侵されそうだと思うからです。この場合、いつでも攻撃できるように身を …