雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

沈黙を恐れないで会話を楽しもう

投稿日:

誠意を持って話そうとすれば、間が空くのがあたりまえ。沈黙を恐れず、沈黙、をまじえて会話しましょう。この、黙って口をきかないことつまり沈黙の内容はいろいろです。私は、言葉での自己表現が一〇〇パーセントできて飽和状態になった時に訪れる沈黙が好きです。これはとても親しい間柄にのみ成立します。誰かと何かについてお喋りしていて、ちょっとダラダラムードになってしまったことってありませんか?話題を変えたいと思っても、なかなかきっかけがつかめない。あせると、かえって話題が見つからなくて。

いつしか、二人は黙り込む。間が空く。どうしよう。気まずい。何か話さなくちや。ヤダ、困った。だから会話って苦手なのよ、と内心プツブツ。そんな時は黙っていればいいのです。別にあせることはありません。例えばノンストップで喋る人がいます。口数は多いけれど自己表現ではなく、誰かの言動をやっつけたり、噂話をしたり、知識や情報データについて喋っているだけなのです。

なにごとにも空間があるものです

相手が話をしている間も、自分の番がきたらこういう話をしようと待ちかまえていて、気もそぞろです。話が消えた時は転調の時。自然の流れです。なにごとにも空間があるものです。ところが、絶え間なく喋り続けることがコミュニケーションだとは思っていない人も、いざ対話が途切れるとあわてます。間が空くのが怖い。でもよくよく考えたら、間の空かないことのほうが怖いと思いませんか?

フツフツと湧いてくる感情を言葉にするから会話なのです。無理にハートをつねって言葉をしぼりだすのは不自然です。だからあえて言葉を交流させずに、それぞれが違うことを考える休止符があってもいいと思います。無声でも気分は通じるのですから。「なるほど、そうですか。ああ、なるほど」相手の話がまだ途中なのに、全部を聞き終わったような調子でせわしなく相槌を打つ聞き方もあります。そういう人との対話には間が空くという気まずさはない代わりに、ストレスが北国の雪のように降り積もるのではないでしょうか。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

うなずく女の人の傾向と男の人の傾向

ある専門家のうなずき方を中心に観察した結果は、次のようになっています。 平常の状態では、一番うなずきの多いのは、女子高校生から女子大学生。それに高等学校を出て結婚するまでのお嬢さん。つまり年ごろの女性 …

no image

褒める効果は色々すごい

褒めるということは、立派な自己表現です。会話には反響が求められますが、その反響も褒めることがきっかけになります。友達の弾くピアノにうっとりしたら、すかさず褒めます。「あなたに弾かれて、ピアノがとっても …

no image

うなずきには色々な種類がある

叱られている時や、悲しみを慰められている時のうなずき方には注意する必要があります。怒鳴られたり、説教されたりしても、一向にきいていない時は、金輪際うなずきません。反対にあごを上に突き出しています。うな …

no image

馴れ馴れしさと親しさの区別

親しさの表現は案外難しいもの。土足でズカズカでは困りますが、遠慮しあっていてはなかなか打ちとけられませんものね。そんな時、プラスのひと言がクッションになり、質問をする側とされる側が思わずクスンと笑顔を …

no image

司会業で正社員になるのはおすすめできない

司会業で正社員になるのはおすすめできない。 企業の組織が確立し、近代企業は会議によって成り立っていると言われるほど、現在はどこの会社でも会議が多いものです。アメリカでは会議の司会者は重要なポストを得て …