雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

地球温暖化で南極の氷が溶け出した

投稿日:

思えば、世界最南端のドレーク海峡航海中の船舶からチリ経由で寄せられた「大変だ!巨大氷山の群れが漂流中!我々は閉じこめられた!」というSOSが、悲劇の始まりだった。世界各地から、緊急報告が次々と送られてくる。二〇五〇年七月×日—。ニューヨークの国連本部事務局は、緊張の中にあった。

ホーン岬沖では、すでに一九九五年、巨大永山がアルゼンチン政府によって確認されている。その大きさは、推定面積二九平方キロメートルというから、ざっと淡路島の五倍の規模だ。氷山のサンドイッチに遭ったら、巨大船もスクラップ。そのような巨大氷山の流出が年々増加を続けているのだ。

飛びこんできたのが、南極の氷の大規模な崩落を伝えるニュース「最悪の事態!巨大津波が発生するゾ!」ーと誰かが大声を上げた。地球の温暖化によって南極の氷が解け出し、世界の海の水面が徐々に上がり、もう海面上昇は二メートルに達していた。小さな島々は水没しつつあった。リゾート天国モルジブなども例外ではなかった。

巨大な津波を伴う急激な海面上昇が生じる

事態は、間髪を入れぬ速さでそのとおりになった。なにしろ巨大津波の足は速い。時速三〇〇キロを超える。これまでのように徐々に進む解氷ではなく、南極大陸の氷そのものが大規模に崩れ落ちるのだ。つまり、巨大な津波を伴う急激な海面上昇が生じる。

国連が緊急警報を発令。津波の破壊力は想像を絶する。津波の高さは海面上昇分の数倍になるから、約四〇メートルの津波ということになる。高さ四〇メートルといえば、一五階建てのビルに相当するのだ。

このパワーで襲われたら、街はひとたまりもない。ペルシャ湾では、海底油田が大爆発を起こしていた。さらに日本からは、若狭湾沿いの原子力発電所壊滅のニュースが入っていた。原発は世界ですでに五基が事故を起こしている。レべル七、つまりチェルノブイリ以上の放射能を世界の空にまき散らすことになる。これは、もちろん仮想の話だが、こんなことが現実に起きればどうなってしまうのだろうか・・。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

社会的厚生を高める道を探る

自然の利用量を減らしながら、一方で、生活の満足度、つまり社会的厚生を高める道。これまでの人類はこの道に挑んだ経験がまだありません。だから、自然の利用量を減らしながら、一方で生活の満足度を高めることがで …

no image

途上国が倒れれば先進国も倒れる

途上国が倒れれば、先進国も倒れます。アメリカが倒れれば、日本も連鎖して倒れます。日米同時破産です。アメリカが倒れれば、世界経済の基軸通貨である米ドルは紙クズ同然となります。このことはすでに多くの書物で …

no image

お金と命とどっちが大事?

もしもこんな質問をされたら、あなたはどう答えますか?「お金と生命とどっちが大事?」もちろん答えは生命だと思います。でもそれは誰の生命でしょうか。おそらく、多くの人が自分の生命と自分のお金を比べると思い …

no image

石油枯渇予測が立てられている今、「石油離れ」が必須

科学者の推定によりますと、もしCO2の膜がなかったとすると、地球表面の温度はマイナス一八度程度まで下がり、とても人が住める状態ではなくなるそうです。CO2の膜があるからこそ現在の快適な生活が守られてい …

no image

グリーン経済の概念

グリーン・コストとは、「自然を利用するためにはコストがかかる」という考え方を浸透させるためのもの。これまでの自然はいくら利用してもタダ、という考え方は基本的に誤っていた。 ひどい例が、土地価格です。森 …