雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

地球の大きさの4分の一の月

投稿日:

一九九八年一月、NASA(アメリカ航空宇宙局)はアポロ17号以来二十五年ぶりに月探査機ルナープロスペクター号を地球から打ち上げた。アポロ計画の時には月面のうちでも赤道付近の二十五パーセントしか調べられなかったが、五つの測定器を搭載した極軌道衛星Eルナープロスペクター号によって初めて月面全体を観測する。

隕石を別にすれば、今日までのところ地球上で発見された最古の岩石は三十八億年前(最近カナダで発見されたものは三十九億五千万年)のものである。しかし月で起こったことが地球で起こらなかったという理由はなく、月の年齢が四十六億年なら地球もまた四十六億年前に形成されたと考えることができる。

月の海は高地よりも形成年代が若く、高地の岩石は、少なくとも四十六億年前にはすでに月そのものが形成されていたことを証明した。これは地球上で発見される地球外起源の物質ー隕石の形成年代ーが、ほとんどどれも四十六億年前だという事実とも符合した。

地球には大気や水があり、その表層の活動も激しいため、三十八億年より古い岩石はことごとく変成して新しく生まれ変わってしまった。

隕石が月面に衝突してクレーターをつくるが

数多くの隕石が月面に衝突してクレーターをつくるが、巨大な隕石は衝突の際に地殻に亀裂を生じさせ、そこから流れ出した溶岩がクレーターを埋めて海を形成する。単位面積あたりのクレーターの数が、陸に比べて海のほうがはるかに少ないのはこうした理由によるのである。

月の形成直後、その表層はマグマの海で覆われていたことも明らかにされた。このマグマが冷えるとまず斜長石が結晶化するが、斜長石の密度は軽いので浮かび上がって原始地殻を形成する。これが月の高地の部分である。

月の大きさは地球の約四分の一だが、太陽系広しといえども本体の四分の一もある衛星は月だけである。さほどに大きな天体がなぜ衛星として誕生したのかという理由については諸説あり、まだ確かなことはわかっていないらしい。

地球の衛星である月は、我々にとって非常に身近な存在であるが、まだまだ分かっていないことはたくさんあるようである。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

光電効果と光の粒子説などの発表

一九〇五年では無名の新人が登場した。それはアインシュタイン。驚くべきことに、彼はこの一九〇五年に相対論の論文以外にもう二つ有名な論文を、それぞれちがった分野で書いているんです。相対論とはあまり関係のな …

no image

生物学は分子生物学の時代に入っている

生物学は、分子生物学の時代に入っている。分子生物学とはたんに分子レベルでの生物学を意味するのではなく、従来の常識的な生命観に基づいた生物学の概念を、根本的に変革したところから出発した学問である。すなわ …

no image

素粒子よりもはるかに小さい生まれたての宇宙

驚くべきことですが、現在の宇宙に存在する全物質、全エネルギーは、そのときの真空エネルギーが姿を変えたものにほかならないという。素粒子よりもはるかに小さな生まれたての宇宙は、膨大な真空エネルギーのはたら …

no image

一九八三年に打ち上げられた旧ソ連の金星探査機など

一九八三年に打ち上げられた旧ソ連の金星探査機、さらには一九九〇年に金星の周回軌道に入り、金星表面の詳細な情報を送信し続けた米国の探査機マジェランなどが、美の女神の苛烈な素顔を暴いた。他の惑星に追随しな …

no image

将来、宇宙での活動がごく当たり前のものになったときには

将来、宇宙での活動がごく当たり前のものになったときには、無重量空間の物理学的な特性を利用した生産技術によって、地球上では生産不可能な新材料や新物質を次々につくり出し、それらをどんどん生活に利用すように …