雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

読書

読めば読むほど力が湧くような文章

投稿日:

読めば読むほど力が湧くような文章とか、感動したり、共鳴したりする文章に出会います。目からウロコが落ちるという文章もあります。こうした言葉とか、文章をよくカードに書き写します。評論家の福田和也さんは手帳に書き写すそうです。この書き写すという行為が著者の思考力をなぞるとともに、自分の考えを練る準備作業でもあるのです。

いつも傍らに置いて、気になったら読み返す、スランプになったら読み返す。これで、自分と好きな言葉、好きな文章を書き写す本を読んでいるとき、あっ、これいいという言葉によく出会います。これ、絶対使いたいと思う言葉です。また、そんな言葉の中から、ヒントをもらって自分の言葉のようなものも身につけていきます。

本を書く前にはこうした書き写しの作業をします。すると書き写しているうちに、もう自分の書きたいことが次々と頭に浮かんで来るから不思議です。いつもではなくてもよいですから、自分がとても感動したり、感銘した本と出会ったときに言葉や文章の書き写し作業をやることは読書力を一歩踏み込んだものにするためにも、とてもよいことだと思います。著者の言いたいことが本当によくわかりますし、自分の思考を強化することができるからです。

人生の目標を持った人にとって

『七つの習慣』(キングべアー出版)で世界中の大べストセラーを出したスティーブン・R・コヴィー博士も、人間として真に幸福になれる成功を実現するためには心を洗い清らかにし、心を磨く、良書に毎日目を通すべきだと主張されています。

人生の目標を持った人にとって、その目標を達成し、さらにはなりたい自分を実現する読書術として、以上の4点をおすすめしておきたいと思います。自分の好きなタイプの書棚を備える気になった本は迷わずどんどん買う好きな著者を持つ、その著者の本を繰り返し読む好きな言葉、好きな文章を書き写す。こうして、さらに本が好きになる、かつなりたい自分を実現できる読書の力を身につけられると信じています。

-読書

執筆者:

関連記事

no image

読書スピードを測定してみよう

吐くときは自分の身体の中の悪いものが全部出ていき、吸うときは宇宙のエネルギーが大量に入ってくるとイメージしてください。息を吐くときに胃腸を最大限に収縮させますから、腸のぜん動運動を促し、胃腸の働きを活 …

no image

教養の崩壊が叫ばれるようになって久しいが

「教養の崩壊」が叫ばれるようになって久しい。教養の地盤沈下は、人々が教養に重きを置かなくなったからという主体の側の理由だけによるものではなく、現代の私たちが断片化された世界に暮らしているという状況的要 …

no image

英語を第二公用語にするということは

英語が公用語になる日の対談のなかで、全国民による英語学習を主張する船橋洋一氏にたいして、鈴木孝夫氏は国民全部に拡げる必要はなく、指導的立場にいる人たちに高い英語能力をつけてもらいたいと述べている。 英 …

no image

本多静六の生き方

仕事に強くなり、人生で自分のやりたいことを実現していく人は、必ず読書を大切にしています。自分にふさわしい、自分のための読書を身につけています。本を読み、心を鍛え、仕事を工夫、開発し続ける力を身につけて …

no image

大きな出版社はPR誌を出している

大きな出版社はPR誌を出している。PR誌には短いながらおもしろい読み物や記事がい。たとえば講談社の本というPR誌に連載されていた小嵐九八郎の「蜂起には至らず新左翼死人列伝」を愛読。タイトルのごとく死尻 …