雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

地域医療に携わるかかりつけ医師を見つけよう

投稿日:2015年1月25日 更新日:

現在、多くの患者さんが、かかりつけ医を経ずして直接大病院の門をたたきます。その結果、大病院の二時間待ちの三分診療に拍車がかかってしまうわけです。かかりつけ医を見つけたくても見つからないという現象は社会的問題であろうと思います。

ある医師の外来でよくこんなことがあるそうです。もうほとんど治療が終わって、一日一錠の薬だけしか必要でなくなった患者さんに対して、そろそろかかりつけの先生にお戻りになってもいいですよ。紹介状を書きましょうかという医師の言葉に対して、先生、見捨てないでください。いまさら他のところへ行きたくありません。先生にかかると決めたのですから、私はずーっとこの病院しか、かかったことはありません。このように言われてしまうと、医者は決して悪い気はしません。でも、かかりつけ医って大切ですよと尻すぼみの声でボソボソと答えるだけになってしまうようです。

医者側から言って、ずっと診ている患者さんは、病名のみならず、病気の問題点、おおまかな検査データ、場合によっては職業や家族構成まで覚えてしまっているものです。かかりつけ医はいつでも同じ先生です。いつでも同じ先生にかかるというメリットははかりしれません。

地域医療に情熱を燃やす地元の赤ひげ先生

お医者さんはお金持ちというのは昭和四〇年代ごろまでの過去の幻想なのです。まして患者さん側にも大病院志向があります。確かに開業医の比率は相対的に減少傾向ですが、ご自分の住んでいる地域をよく探せば、地域医療に情熱を燃やす地元の赤ひげ先生がきっといるはずです。

確かに開業医の高齢化、後継者不足は深刻な問題です。若い勤務医にとって、開業の魅力が少なくなっていることも事実です。要するに勤務医が開業しても自分の身体がきつく、経営状態も厳しいのに比べて、メリットが少ないからです。しかし、ご自身の健康を維持する上で、かかりつけ医の存在は決して軽視できません。自分のため、かかりつけ医を見つけるようにしましょう。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

DICとは?癌のために起こることがある非常に危険な状態

・DIC 出血が全身に起こっているので、ガンのためにDICが起こると非常にヤバイ状態だ。胆裏のX線検査の一つにDICというのがあるので、その場合は医者から明日はDICですと言われても悲観することはない …

no image

医学専門誌ならではの広告

どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医も同じ。そこで、どこの開業医も頭を悩ますのが、跡継ぎ問題である。たとえばこんな話がある。S内科は開業して12年、ようやく経営も安定したとこ …

no image

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない、勉強の楽しさを知った、とある医師は語る。高校三年生の受験生のときに、要領のいい勉強法に目覚めて、成 …

no image

冷えや低体温が招きやすい病気や症状の予防

日本では、病気にならないための手段があまり知られていません。病気になったら医者に診てもらうのが当たり前だからです。 自分で守り変えていく意識を、持ってください。自分の体を他人任せにするのではなく、自分 …

no image

がん治療の最前線-昔は切除しすぎという傾向もあった

確かに日本のがん切除手術の技術レベルは世界最高なのですが、切除しすぎという傾向もありました。五〇年くらい前には、肺がんになったというだけで肺の片方全部を摘出していました。そうすると、がんは治っても呼吸 …