雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ティッシュの空き箱に文庫本を収納するワザ

投稿日:

・文庫本はティッシュの空き箱に収納する

発行部数の少ないものは再び手に入らなくなってしまう場合があるが、名のある人気作家の作品は、わざわざ保管しなくても再版だってあるし、古本屋で安価でいつでも手に入る。文庫本はよほど気に入ったものを除いては、家には置かないようにしたい。それでも保存したい文庫本は、普通に書棚に立てておくと場所ふさぎでもあるので、整理して保管する。使い終えたティッシュの空き箱は、とり出し口のある箱の上の部分を切り取ってケースにすると、普通の厚さの文庫本が約%冊入る引き出しに変身する。このティッシュ箱に文庫本を保管しておけば、本棚の奥からでも簡単に引っばり出せる。また、本棚に高さがある場合は、このティッシュ箱を2段3段と積み重ねていけばいいだろう。これで、文庫収納が格段にしやすくなるはずだ。

ダンボールにしまうときは背表紙を上にして

ダンボールにしまい込んでも、中身は一目瞭然というワザ。どうしても処分したくないのだが、収納するスペースが見つからないという本は、仕方がないのでダンボールに入れて片づけておこう。用意するのは、本を立てて入れられるサイズの丈夫なダンボール箱。すべての本が収納できる分だけダンボールを用意し、開ければ一目で中身がわかるように、背表紙を上に向けて並べていくのである。ダンボール箱のなかに収納してある本の書名は、箱別にメモしておこう。

引き出しにしまうときの注意点

あふれた本の収納場所として、引き出しの一つを使うというのはどうだろう。収納場所のない本が部屋のすみに積んであるという光景は、多くの家で見られる。しかし、これではいかにも見栄えが悪く、これはよくない。デスクの袖引き出しや整理ダンスのいちばん下などは、開け閉めがけっこう不便で使いづらい。文庫本ならかなりの量を収めることができるので、本の収納スペースにしてみよう。そのとき、ただ並べると、一冊を取り出したらくずれることがあるので、何冊ずつかまとめて、市松模様をつくるように縦横交互に並べるのがコツ。本のブロックが、別の本のブックエンド代わりの働きをして、きっちり収まる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

トイレの水の超簡単な節約術

・トイレの水を節約するワザ 家族の人数が多いと、1日のトイレ使用回数も多くなり、それだけたくさんの水を使うことになる。水洗トイレは、知らず知らずのうちにかなりの水を使っている。この水を少しでも節約する …

no image

押し入れを赤ちゃん専用部屋にする

・押し入れを赤ちゃん専用部屋に カラーボックスやカゴなどにおもちゃを収納して壁際に置き、中央にプレイマットを敷く。まだ子ども部屋までは必要ない赤ちゃんでも、おもちゃを片づけたり、プレイマットを敷いたり …

no image

指輪をまとめて収納できてしまう裏ワザ

せっかくのお気に入りをムダにしないよう、保管には十分気をつけよう。いくら素敵な指輪でも、傷がついてしまっては台なしだ。ジュエリーボックスの指輪入れに入れておくのがいちばんいい方法だが、もっていないか、 …

no image

障子の種類や補修のやり方

・アイロンタイプ ロールを少し転がして張る位置を決め、様の1か所をアイロンで固定します。シワが残ったときは水を軽く吹いておきます。曲がらないように障子紙を広げ、まず四隅を固定します。余分な障子紙を切り …

no image

棚やフックの取りつけはDIYの最初の一歩

棚やフックの取りつけは、DIYの最初の一歩です。壁や場所によりいろいろな方法がありますので、目的に応じたやり方を選びましょう。棚やフックの取りつけ方法を覚えると、色々と応用できますので、覚えておきまし …