雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

哲学入門

哲学研究者が虚しさを感じた時

投稿日:

「哲学研究」が虚しくなってきた、と語るある研究者。いや、恐ろしくなってきたのです。なぜなら、こうした営みは、自分のうちにわずかに残っている生き生きとした自由なものの見方や感じ方を枯渇させるように思われるから。いつのまにか、カントの眼を通しカントの枠を通してしか森羅万象が見られなくなりつつあるように思われるからです。

空いた時間をアアでもないコウでもないと思索しつづける。これからもカントの代表著作は読む、ほかの古典的哲学書も読む。おもしろければ何でも読む。しかし、けっして「文を書くためだけに本を読む」ことはしないことに決めたのです。

そこで、私はカント屋の屋台をタタムことにしました。具体的には、カントについで論文を書くことをいっさいやめるということ。カントが書きなぐったノートやカントについての膨大な論文を読むことをやめるということです。こうした仕事をしなければカント学会からは追放されます。

書物を調べないときは考えない

書物を調べないときは考えないのである。考えているとはいっても、それは一つの刺激に応えでいることなのだ。つまり、結局やはり反応しているだけのことなのだ。学者というものは、ほかのだれかがすでに考えたことに、イエスを言ったりノーを言ったりそれを批判したりすることに全力を費やしてしまって、もはや自分自身は考えることをしない。

とっくの昔にニーチェは、調べ物をするために書物を読むことが人をいかに考えなくさせるか、見抜いています。書物との交渉を例にとろう。結局のところ、ただもう書物を「調べる」だけの学者ー並みの文献学者で一日に約二冊というところだろうこういう手合いは、しまいにはみずから考えるという能力をすっかりなくしてしまう。

ニーチェが側にいれば抱きつきたい気持ちです。カント学者とは、たしかにー自分自身は考えることをせずにーカントから発せられる直接的間接的「刺激に応えている」だけの人種のことですから、ある研究者は語った。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

懐疑的態度を徹底的に遂行する結果

権威否定の精神は、その懐疑的態度を徹底的に遂行する結果として、最後には疑い得さるものは自我のみであると考えて、自我の絶対性を主張するに至る。何人も自我を曝想せよ。自我への沈思を他人に知らしむるなかれ。 …

no image

単細胞は分裂によって増殖するが

従前の諸哲学者によって軽く扱われていたと思われる点がある。生命をもっている個体はそれ自体だけでは存続し得ない、ということである。単細胞は分裂によって増殖するわけであるが、その場合にも、水分、温度、光線 …

no image

人間がものごとの本質について相互に了解しあうことの基礎

フッサールは『イデーン』という主著の中で、「本質」(言葉の意味)についての確かにそうだという確信は、じつは事物の確かにあるという確信と同じ構造で成立する、という興味深い説明を行なっている。 人間がもの …

no image

人間が社会に目を向け生の現実的条件を改変しようとする努力

人間が社会に目を向け、生の現実的条件を改変しようと努力することになんの意味もないということを意味しない。ここで理を尽すことはできないが、ほんとうは逆なのである。人間の生の根本条件が大きな制約をもってい …

no image

人生は一箱のマッチに似ている

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である。完全に幸福になり得るのは白痴にのみ与えられた特権である。いかなる楽天主義者にもせよ、笑顔に終始することの出来るも …