雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

哲学入門

哲学研究者が虚しさを感じた時

投稿日:

「哲学研究」が虚しくなってきた、と語るある研究者。いや、恐ろしくなってきたのです。なぜなら、こうした営みは、自分のうちにわずかに残っている生き生きとした自由なものの見方や感じ方を枯渇させるように思われるから。いつのまにか、カントの眼を通しカントの枠を通してしか森羅万象が見られなくなりつつあるように思われるからです。

空いた時間をアアでもないコウでもないと思索しつづける。これからもカントの代表著作は読む、ほかの古典的哲学書も読む。おもしろければ何でも読む。しかし、けっして「文を書くためだけに本を読む」ことはしないことに決めたのです。

そこで、私はカント屋の屋台をタタムことにしました。具体的には、カントについで論文を書くことをいっさいやめるということ。カントが書きなぐったノートやカントについての膨大な論文を読むことをやめるということです。こうした仕事をしなければカント学会からは追放されます。

書物を調べないときは考えない

書物を調べないときは考えないのである。考えているとはいっても、それは一つの刺激に応えでいることなのだ。つまり、結局やはり反応しているだけのことなのだ。学者というものは、ほかのだれかがすでに考えたことに、イエスを言ったりノーを言ったりそれを批判したりすることに全力を費やしてしまって、もはや自分自身は考えることをしない。

とっくの昔にニーチェは、調べ物をするために書物を読むことが人をいかに考えなくさせるか、見抜いています。書物との交渉を例にとろう。結局のところ、ただもう書物を「調べる」だけの学者ー並みの文献学者で一日に約二冊というところだろうこういう手合いは、しまいにはみずから考えるという能力をすっかりなくしてしまう。

ニーチェが側にいれば抱きつきたい気持ちです。カント学者とは、たしかにー自分自身は考えることをせずにーカントから発せられる直接的間接的「刺激に応えている」だけの人種のことですから、ある研究者は語った。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

生命の尊重という人間の宗教的道徳的心情にもとづいて菜食を実行する主義

近代において、生理学、医学の立場から栄養の問題を考察して菜食を奨励する人々も現われた。しかし今ここでは生命の尊重という人間の宗教的道徳的心情にもとづいて菜食を実行する主義を考えてみたい。それは生命の尊 …

no image

デリダ流の懐疑論的パラドックス

客観とはこれらのさまざまな「解釈」を完全に「一致」させるような見方のことだが、誰でも直観的にその不可能性を見てとるだろう。こういう場合、主観の数だけ真理は存在するし、それをどうしても「一致」させようと …

no image

哲学者らしい部分は単純に静かに生きること

プラトンやアリストテレスと言えば、長い学者服を着た人としかだって人並みの人間で、ほかの人たちと同様に、友達と談笑していた。そして、彼らが法律や政治学の著作に興じたときには、遊び半分にやった。それは、彼 …

no image

宗教や祝祭や大衆のさまざまな理想のモデルがつねに存在理由を持つ

宗教や祝祭や大衆のさまざまな共同的理想のモデルがつねに存在理由を持っているのはまさしくその理由によっている。わたしたちが、人間一般のこういった「超越」しがたさ、をそれとして認め、そして宗教やその他の共 …

no image

死にかこまれた実存の感情根拠

理想の社会の実現をめざすところにこそ人間の生のいちばん重要な意味があるという声に対してわたしたちが抱く疑念は、あの死にかこまれた実存の感情を根拠としている。そしてこの感情を決定的に否認できる超越的な真 …